【動画アリ】どんな傷でも20秒で完全止血する「バイオ接着剤」爆誕! 心臓の傷も余裕… 失血死根絶へ!=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
【動画アリ】どんな傷でも20秒で完全止血する「バイオ接着剤」爆誕! 心臓の傷も余裕… 失血死根絶へ!=中国 の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 特にアウトドアでアクティビティを楽しむというわけではなくても、ちょっとした用心で数枚の絆創膏をサイフなどに入れておけば何かと安心だろう。防水性能が飛躍的に強化されるなど最近の絆創膏も進化しているが、先日中国の科学者が比類なき止血効果を誇る画期的な“バイオ接着剤”を開発して話題だ。

■画期的な止血剤“バイオ接着剤”

 自然災害、交通事故、そしてテロ……。安心安全な社会の中で普段は気を抜いていても、今はどんな災難に直面するかわからない時代を迎えている。

 万が一、そうした災難に出くわし、自分やあるいは周囲の人々が負傷した場合は当然ながらいち早い応急処置が求められる。救急車がなかなか到着しない場合や、負傷者が多く“トリアージ”が余儀なくされる場合などはなおさらだ。

 そしてこのたび、こうした救急医療を強力にサポートする画期的な“バイオ接着剤”が開発された。傷口に塗って紫外線を当てると、ものの20秒で出血をピタリと止められるというのである。救急医療はもちろんのこと、大量出血のリスクがつきまとう心臓手術でもきわめて有効に活用できるということだ。

 中国・浙江大学医学部をはじめとする合同研究チームが先日、「Nature Communications」で発表した研究では、大動脈や心臓の損傷による大量出血が見込まれる事態でも、わずか20秒ほどで止血できる“バイオ接着剤”の開発に成功したことを報告している。

【動画アリ】どんな傷でも20秒で完全止血する「バイオ接着剤」爆誕! 心臓の傷も余裕… 失血死根絶へ!=中国 の画像2
「Daily Mail」の記事より

 研究チームは研究論文のほかにも、ブタの肝臓を使って実際に出血を止める様子を撮影したビデオも公開している。ドクドクと血液が流れ出る傷口に“バイオ接着剤”を塗り込み、紫外線ライトを当ててしばらくすると確かに出血が止まっている。

“バイオ接着剤”は水、ゼラチン、そして化学物質の混合物から構成されている。まず、損傷した生体組織に注入し、紫外線を照射すると活性化し、その後急速に硬化して防水シール層を形成する。それによって血液や体液が漏れるのを止めるのだ。確かにこれまでにない画期的な止血の手段が開発されたと言えるだろう。

コメント

8:匿名 2019年6月6日 15:24 | 返信

人体に使えるんなら便利やな
でもコスト面とか保存期間とか、何より長期的な人体への影響とかの試験考えると
数年で出回るってのは不安がある

7:トランプ大統領 2019年5月28日 12:14 | 返信

>> 6

お前の書き込みを見たらどう見ても、お前は大陸からやって来た偽日本人だろう。
馬鹿も休み休み言え!
お前はサイタマも知らんのか?
人の話も理解出来ないような
見当違いな発言をして
どうやら、死ななければわからないらしいな。
言っておくが、私は真の日本人だと中国人にも認定されているし、チョンにも又吉イエスだと認定されている。
お前は彼の国すら分からないのだから書き込まない方がいい。恐らく精神病が原因だと思うので、お前の上司や同僚に相談して精神科で診察してもらった方がいい。
このままだと自分がチョンだと理解出来なくて、火病って川崎の小学生を襲った殺人鬼のようになる。

6:匿名 2019年5月28日 01:59 | 返信

>>4

半島人が紛れ込んでるなwww
まあ、おまエラ半島の人類未満は、劣化ウラン混じりのアスファルトで舗装されたソウル市街で、毎日人体実験されてるけどな。
あるいは大腸菌混じりの海産物を食って、日々食中毒耐性をつけているとかな。

5:トランプ大統領 2019年5月27日 14:44 | 返信

>> 4

日本な訳ないだろう!
かの国だから中国のことだ。
中国だから、これは大道芸で無理してくっつけていて、治った治ったなどと言っているものだ。患者「うっ!なんか心臓が痛いんですけど?」医者「大丈夫だ!一時的に痛みが出る事はある。接着剤はしっかりと固まっているから問題ない。」などと言われて、次の日に傷が開いて、死んでいたなど、考えられる。
接着剤に頼り切り、人の話を聞かない医師だったら、あっておかしくない。シナ人気質なら絶対ある。日本も例外ではない。偽日本人が多いので事実を認めない奴が多くいる。
スマソで終わりだろうな。スマソで済むか!スマソで済まん言う、あの人みたいでないと使いこなせない。

4:匿名 2019年5月27日 08:13 | 返信

>> 2

彼の国とは具体的にどこの国のことですか?
ニホンのことですか?w

3:匿名 2019年5月26日 22:55 | 返信

中国かぁ
中国だと胡散臭いんだよねー

2:山ちゃん 2019年5月26日 14:44 | 返信

やはり、人体実験の件数では、彼の国には勝てないからな〜!まだまだ発表して無いだけで凄い実験してるんだろな!

1:匿名 2019年5月26日 12:29 | 返信

例えば足の指を怪我したと仮定して、その指は右足なのか左足なのかで意味が異なってくるし、何指なのかでも意味が異なってくる。
よく右脳の影響を受けてるだとか左脳の影響を受けてるだとか、父方に何か問題があるとかあるいは母方に何か問題があるとか、そういうの。
西洋医学ではすべて「偶然」で片付けられてしまうけど代替療法や伝統医療の世界だとそうは考えない。すべては必然で成り立っていると考える。占いっぽいとこがある。
だから『その人が何故その指を怪我したのか、何か問題だったのか』などということがわかってくる。
現代ではすべてオカルトで片付けられそうですけどねw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。