不規則に暗くなる謎の連星「EPIC 249706694」は人工物!? MIT発見「どんな仮説でも説明不可能」やはりダイソン球か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 惜しまれつつも昨年10月に運用が終了されたNASAの宇宙望遠鏡「ケプラー」だが、収集した膨大なデータからは、まだまだ思わぬ発見があるようだ。先日、350光年先にある謎の天体の存在が明らかになった。

■不規則に減光する謎の連星「EPIC 249706694」

不規則に暗くなる謎の連星「EPIC 249706694」は人工物!? MIT発見「どんな仮説でも説明不可能」やはりダイソン球か!?の画像1
EPIC 249706694 画像は「Wikipedia」より引用

 我々の地球に似た太陽系外惑星を探すために数々のミッションを遂行し、その間に観測した天体の数は50万個以上にも上るといわれているNASAの宇宙望遠鏡「ケプラー」だが、昨年10月の運用終了後もまだまだ話題を提供してくれている。

 MIT(マサチューセッツ工科大学)にあるカブリ天体物理学・宇宙研究所(Kavli Institute for Astrophysics and Space Research)の研究チームが、ケプラーの2度目のミッション「K2」の15番目のキャンペーンで収集されたデータを分析したところ、およそ350光年離れた場所で奇妙な天体の存在を特定した。その奇妙な天体は2つの恒星からなる“連星”で、「EPIC 249706694」と名づけられた。

 87日間におよぶ観測期間中、このEPIC 249706694に28回奇妙な“減光”が確認された。恒星の光が弱まる原因として考えられるのが、惑星が恒星の前を横切る現象である“惑星トランジット”だ。ケプラーはトランジット法(transit method)という観測方法により、明るい恒星の前を横切る惑星をその明るさの変化によって検出して大量のデータを収集していたのである。

不規則に暗くなる謎の連星「EPIC 249706694」は人工物!? MIT発見「どんな仮説でも説明不可能」やはりダイソン球か!?の画像2
画像は「Wikimedia」より

 光の弱まり方はどれもほぼ一定なので、惑星トランジットであると考えられなくもないのだが、問題なのはこの減光にまったく規則性がみられない点である。EPIC 249706694の周りを惑星が周回しているとすれば、減光の間隔に周期性があるはずなのだ。

 ランダムな周期で発生するEPIC 249706694の減光には研究チームも頭を悩ませることになるが、実のところ、こうした謎の天体はこれまでにも発見されている。それは宇宙人の巨大建造物、あるいは“ダイソン球”ではないかともいわれている「KIC 8462852」である。

 一昨年にトカナでも紹介したが、同じくケプラーで観測された「KIC 8462852」は恒星系のエネルギーを活用できる宇宙人による人工構造物であると専門家の一部から指摘されているのだ。はたしてこのEPIC 249706694もまたダイソン球の可能性があるのだろうか。

コメント

1:匿名 2019年7月9日 02:02 | 返信

しんじの記事なのに凄い真面目!

イイネをあげよう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。