「並行宇宙へのポータルを開く」実験が進行中! 研究者「パラレルワールドに鏡のような世界が存在」

関連キーワード:

,

,

,

,

 米国テネシー州にあるオークリッジ国立研究所の物理学者リア・ブルサード氏は、今年、ある実験を計画している。それは並行宇宙とその入り口(ポータル)の存在を世界で初めて証明しようという試みだ。米「NBC News」をはじめ、多数メディアがこの画期的な実験に注目している。

Scientists are searching for a mirror universe. It could be sitting right in front of you. (NBC News)

「並行宇宙へのポータルを開く」実験が進行中! 研究者「パラレルワールドに鏡のような世界が存在」の画像1
リア・ブルサード氏。画像は「NBC News」より引用

 一般に並行宇宙というと、この世界とよく似た別の世界があったり、あるいは異なる自分がいたり……といったものを思い浮かべるが、ブルサード氏によると、それは「振動」や「鏡のようなもの」だと話す。鏡に映る“向こう側”のように、非常に現実的だが、私たちとはほぼ完全に切り離された影の世界だというのだ。

 そんな奇妙な“鏡の世界”をどうやって探すのか? ブルサード氏によれば、その方法はそれほど難しくない。トンネル内の壁に中性子のビームを当て、壁の向こう側で中性子を検出するだけだ。壁は中性子を通さないように作られているため、当然、壁の向こう側では中性子は検出できないはずだ。だが、鏡の世界が存在するなら、壁にぶつかった中性子の一部がその世界を通り抜けて、壁の向こう側に現れるというのだ。

「並行宇宙へのポータルを開く」実験が進行中! 研究者「パラレルワールドに鏡のような世界が存在」の画像2
画像は「NBC News」より引用

 中性子が鏡の世界を通り抜けるとはどういうことか? この仮説が生まれたきっかけは1990年代にさかのぼる。

 中性子の寿命(崩壊するまでの時間)を調べるため、瓶の中に多数の中性子を閉じ込めて一定時間後に残っている中性子の数を数えるボトム法と、ビームによって生じた粒子を観測するビーム法の二つの実験が行われた。だが、得られたのは奇妙な結果だった。計測された中性子の寿命はボトム法だと平均14分39秒、ビーム法だと平均14分48秒。このわずか9秒の差は、当初こそ誤差だと考えられていた。しかし、実験が様々なチームで繰り返され、手法が洗練されて機器がより精密になっても依然としてその差は埋まらなかったのである。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「並行宇宙へのポータルを開く」実験が進行中! 研究者「パラレルワールドに鏡のような世界が存在」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル