12人死傷「マツダ工場暴走殺傷事件」引寺利明の現在を直撃! 今も無反省で妄想の治療もナシ! 刑務所ダイエットも…!

 どれほど社会を騒がせた殺人事件もいつしか人々の記憶から消え去っていく。あの有名殺人犯は今、どこで、何をしているのか……追跡取材した結果を報告する!

 1人目は、2010年6月に広島市で起きたマツダ工場暴走殺傷事件引寺利明(51)――。

12人死傷「マツダ工場暴走殺傷事件」引寺利明の現在を直撃! 今も無反省で妄想の治療もナシ! 刑務所ダイエットも…!の画像1
マツダの本社工場。引寺はここから車で突入した

■「大手マスコミはスポンサーのマツダに尻尾フリフリ」

「6月22日前後にマツダ事件の記事が新聞やネットに出ていれば、コピーして送ってください」

 毎年、事件の日が近づくと、私のもとには必ず、引寺からそんな内容の手紙が届く。引寺は現在、岡山刑務所で服役中だが、事件から9年になる今もマスコミが自分に関心を持ち続けているのかが気になって仕方がないのだ。

12人死傷「マツダ工場暴走殺傷事件」引寺利明の現在を直撃! 今も無反省で妄想の治療もナシ! 刑務所ダイエットも…!の画像2
岡山刑務所の引寺から届いた手紙の一部

 大手自動車メーカー・マツダの期間工だった引寺は、2010年6月22日の朝、広島市南区にある同社の本社工場に車で突入。そのまま時速40~70キロで場内を走り回り、社員たちを次々に撥ね、1人を殺害、11人に重軽傷を負わせた。

12人死傷「マツダ工場暴走殺傷事件」引寺利明の現在を直撃! 今も無反省で妄想の治療もナシ! 刑務所ダイエットも…!の画像3
画像は、Wikipediaより引用

 そして犯行後、警察に自首した引寺は、「マツダで働いていた頃、他の社員たちから集団ストーカーに遭い、恨んでいた」と奇異な動機を供述。精神鑑定で妄想性障害に陥っていると判定されたが、裁判では完全責任能力を認められ、無期懲役刑が確定した。

 私はこの引寺と裁判中から面会や手紙のやりとりをしてきたが、残念ながら引寺は今も自分の罪を一切反省していない。

「マツダの会長に事件の真相を伝える手紙を出したのに、被害者や遺族に渡さずにストップしとるようなんじゃ」

「大手マスコミはスポンサーのマツダに尻尾フリフリで、事件の真相を報じようとせんのんじゃ」

 引寺は今もそのようにマツダの悪口を次々に手紙に書き綴ってくる。自分はマツダで働いていた頃、集団ストーカーに遭っていた被害者だと信じ続けているため、自分の犯行も正当な復讐だと思い込んだままなのだ。

12人死傷「マツダ工場暴走殺傷事件」引寺利明の現在を直撃! 今も無反省で妄想の治療もナシ! 刑務所ダイエットも…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで