【寝屋川中1男女殺害】死刑確定の山田浩二、報じられない“変わった実像”を面会人が暴露! バイセクシャル、覚醒剤、事件の詳細…犯人が語った真実とは!?

 寝屋川中1男女殺害事件の犯人・山田浩二(49)が控訴を取り下げ、死刑判決を確定させたことが話題になっている。筆者も今年2月、大阪拘置所で山田と2回面会していたため、このニュースには驚いた。だが一方で、山田なら、こういうことがあってもおかしくないかも……と相反する思いも抱いた。それだけ山田はわかりにくい人物だったからだ。

【寝屋川中1男女殺害】死刑確定の山田浩二、報じられない変わった実像を面会人が暴露! バイセクシャル、覚醒剤、事件の詳細…犯人が語った真実とは!?の画像1
山田浩二。画像は「YouTube」より引用

■面会室に入ってくるなり不思議な行動

 2015年8月、大阪府寝屋川市で暮らす中1の星野凌斗さん(当時12)と平田奈津美さん(当時13)が失踪し、他殺体となって発見された寝屋川中1男女殺害事件。山中で見つかった星野さんの遺体も、駐車場に遺棄されていた平田さんの遺体も、顔面に粘着テープが巻かれた無残な状態だった。さらに星野さんの衣服のポケットには、使用済みのコンドームが入れられており、近年起きた重大事件の中でも異常性や猟奇性は際立っていった。

 ほどなく逮捕された山田は、未成年の少年に対する監禁・傷害など多数の前科があり、前年10月に刑務所を出所したばかり。昔から男性器に興味があり、「おちんちんしゃぶりたい」と言っていたとか、事件直前にも「輪姦イベント」に参加していたとか、おぞましい情報が次々報道された。昨年12月、大阪地裁の裁判員裁判で死刑判決を受けたが、公判中に遺族に向かって土下座し、謝罪したことを「パフォーマンス」と報じられるなど、山田に対する報道が総じて厳しかったのも無理はない。

 筆者が実際に会ってみても、山田はやはり変わった人間ではあった。

【寝屋川中1男女殺害】死刑確定の山田浩二、報じられない“変わった実像”を面会人が暴露! バイセクシャル、覚醒剤、事件の詳細…犯人が語った真実とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで