牛丼太郎、げんき家…「消えた牛丼チェーン」6店! 一杯200円、53店舗が消滅…懐かしいあの牛丼屋の今!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 意識低い系男子の主なエネルギー源と言えば牛丼だ。牛丼屋はかつてのデフレ飯の急先鋒であり、現在も300円代で食すことができる。

 牛丼といえば、なんと言っても100年以上の歴史をほこる『吉野家』が強い。そして『松屋』『すき家』も大きいチェーンだ。

 どの街に行っても、3店舗のうちどれかはある。うちの近所は3店舗ともあった(すき家だけビル解体でなくなった)。

 ちなみに現在の並盛りの価格は、吉野家380円、松屋320円、すき家350円になっている(すべて税込み)。ちなみに松屋はプレミアム牛めし(380円)の販売を進めており、牛めしを販売していない店舗も多い。

 そんな3店舗がしのぎを削る現在の状況だが、以前にはもっとたくさんのチェーン店が存在した。皆さんにも、「学生時代はよく食ってたのに、いつの間にか見なくなった!!」などと思う牛丼屋さんがあるのではないだろうか?

 今回は、今はない消えてしまった牛丼屋を写真とともに振り返りたい。

■神戸らんぷ亭

牛丼太郎、げんき家…「消えた牛丼チェーン」6店! 一杯200円、53店舗が消滅…懐かしいあの牛丼屋の今!の画像1


 神戸らんぷ亭は1993年にダイエーグループが作った牛丼チェーン店だった。

 神戸とついているが、それは『神戸が牛丼発祥の地と呼ばれているのにちなんで』という意味であり、実際には1号店は渋谷区だった。たぶん神戸には“神戸牛”のイメージもあるからつけたのかもしれない。……結構、姑息な手である。

牛丼太郎、げんき家…「消えた牛丼チェーン」6店! 一杯200円、53店舗が消滅…懐かしいあの牛丼屋の今!の画像2

 1995年には牛丼を290円まで値下げした。まだ値下げ合戦がはじまる前の試みだったが、他のチェーンは追随せず結局ランプ亭も値段をもとに戻した。

 順調に53店舗まで増やしたところで、アメリカのBSE問題が起きた。オーストラリア産の牛肉に切り替えて牛丼販売を継続した。

 2005年に親会社のダイエーは神戸らんぷ亭をミツイワ株式会社に事業譲渡する。2010年の段階ではまだ35店舗とまずまず残っていたのだが、再び親会社が変わったり、かつ丼店やラーメン店に転換して徐々に姿を消していった。

牛丼太郎、げんき家…「消えた牛丼チェーン」6店! 一杯200円、53店舗が消滅…懐かしいあの牛丼屋の今!の画像3

 そして『旧神戸らんぷ亭銀座店』が『銀座らんぷ亭』として営業を再開したものの、メニューには牛丼はなく、スタミナ丼やラーメンなどのメニューだけだった。そして最後に残った『銀座らんぷ亭』も2017年4月に消滅した。

「らんぷ亭って、意外と最近まで残ってたんだ!!」

 と逆に驚く人もいたかもしれない。

牛丼太郎、げんき家…「消えた牛丼チェーン」6店! 一杯200円、53店舗が消滅…懐かしいあの牛丼屋の今!の画像4


 個人的にはらんぷ亭は、塩牛丼という変わったメニュー、カツ丼もあったので嫌いではなかった。でも「牛丼を食べるぞ!!」という気分の時に、わざわざチョイスする感じでもなかった。大手になりきれなかった牛丼チェーンという印象だ。合掌。

コメント

11:匿名 2019年7月28日 18:09 | 返信

通販で吉野家の冷凍牛丼の具を買って家で食べたら、店で食べるより断然うまい!
お米の違いで味に差が出ることに気付いた次第ですわ

10:匿名 2019年7月26日 14:36 | 返信

デフレ飯なんかあるのが間違いだからどんどん無くなって良い

9:匿名 2019年7月26日 13:04 | 返信

吉野家とキン肉マン作者の関係の話はググればすぐに出てくるが事実とすればそうとう酷い会社やな。実質恩を仇で返したことになるし。もう絶対に吉野家で食わねえ。そもそも外食の牛丼はそうとう不味いし牛丼ぐらい自分で作ればよい。

8:匿名 2019年7月26日 09:12 | 返信

肉がどこも薄くなったのとヴィーガン運動は無関係ではあるまい
残念ながら人類の継続可能な社会のためには畜産の削減が既定路線というわけだ

7:匿名 2019年7月26日 07:59 | 返信

>> 3

よく読むと前半だけマトモなこと言ってる。
確かにどこの牛丼屋も不味い。
昔の吉野家なんて味付けが下手すぎて食う気が失せたものだが、最近の吉野家は味付けがマシになった。アメリカ牛なんたらで打撃を受けたから味付けをそのあと変えたんだね。昔はあんなにおいしくなかった。
でもアメリカ牛使っているから行きたくないけど。

6:匿名 2019年7月26日 07:55 | 返信

> 3
はいはい、お疲れなw

5:匿名 2019年7月26日 07:54 | 返信

>> 2

吉○家社員様ですか?ww
ご苦労様ッス!
キン肉マン作者をブチギレさせといて放置とは流石は大企業様っすね!www

4:匿名 2019年7月26日 02:26 | 返信

>>3 病院に行かれてはいかがですか?

3:トランプ大統領 2019年7月26日 02:05 | 返信

>> 2

それを言うなら、トカナの記者は全員病院送りだろう!似たような事を書いている。
私はランプ亭だけ入ったことがあって
たまに牛丼を食べるが、いまいち食べ応えがないのに気付いたのだ!
吉野屋の超特盛を食べても何か少ない気がするし、牛丼食べている感じがしない。
何故かなと思ってよく考えてみると、一番に牛肉の厚みがなく、噛み応えも無いので食っている気がしないのに気付いたのだ!あれは薄すぎて美味しくないんだよ!もっと肉に厚みのある牛丼なら食べ応えが出るのだ!自分で作ってみて違いを感じた。
お店で食べる牛丼はペラペラで美味しくないと。
正直自分で作った方が美味しい!私から言わせれば、あんなのは牛丼ではない!
因みに豚丼も美味しくない。専門店で食べたが焼き加減が下手すぎて肉が固くて不味いのだ。
良い肉を使っているという専門店は所詮バイトがやっているので、頭悪すぎて肉の焼き方も知らんのだろうな。二度と行くことは無いだろう。
糞が!何が炭火焼きだ!焼き過ぎで焦げてんじゃねぇか!お前の顔を炭火で焼いてやろうか?
豚に土下座して謝れ!お前なんかイスラム過激派に捕まって焼かれて殺されてしまえばいい。
ろくでもないブタ野郎だな。あんなのは飲食店ですらない。文化祭で無許可営業している学生がやっているような店だ!ゴミだな。それかインド人が日本に来てやっているカレー屋のようなもんだ!さっさと廃業することをお勧めしたい。しかし、バイトの中国人は何故茶碗を片付けないのだ?アイツらはバカなのか?躾がなってないのか?テーブルも拭かないし、「オイ!俺が先だろう!この野郎!」とオッサンにこの野郎呼ばわりされて怒鳴られても反応が薄い。感情すら無いのではないかと思えたし、使えないロボットの様だったことを覚えている。二人でやっているのに、カウンター席の殆どが片付けていなかった。動きも遅いし、統合失調症なのか?自分の体をスライスして牛丼の鍋の中に入った方が良い。まるで死人の様な動きには驚かされた。
早くターミネーターを開発して人間の代わりに働かせてもらいたいものだ。
中国人など不衛生で数が多いだけ無駄だ。病気も抱えているようだから厳選した奴隷だけを使うべきだ。まともな奴とそうでない奴の差がありすぎる。

2:匿名 2019年7月25日 20:07 | 返信

>>1
病院に行かれては?

1:匿名 2019年7月25日 19:58 | 返信

その前にどういう人間が意識が高くてどういう人間が意識が低いか教えてはくれまいか?
そしてその意識低い系の人が何故牛丼を好きだと思ったのかその理由もできる限り分かりやすく教えてはくれまいか?

あと、牛丼と聞くといつも思い出すのが、吉野家とキン肉マンの作者との関係。
これは何回聞いても酷い。
実はもともとキン肉マンの食べていた牛丼は別の会社の牛丼でそれを無理矢理吉野家が自社の牛丼に変えさせたんだ圧力を使って。
当日大人気だったキン肉マンの効果もあったてか三流企業だった吉野家は大企業に変貌した。にも関わらず作者に何の感謝もお礼もしなかった吉野家。
それでは示しがつかんのでだいぶ時間がたってから吉野家はわけのわからん特別性の牛丼のどんぶりを作者に与えて、しかもそのどんぶりで何杯でも牛丼がおかわりできる?だったかな。それで作者は大喜びしたんだけど、
それも束の間、確かトリビアの泉からのオファーが来てその番組でその話が出て。
でもそのどんぶりでおかわりはできなかったという落ちだった。
しかも作者いわく、その日の吉野家は客はもちろん全員サクラで何杯でもおかわり可能だったはずのそのどんぶりでおかわりはできなかったという落ちももちろん『吉野家が作った』そうです。
それで作者がブチキレて洗いざらいあったこと話たると最近あった某吉本芸人のようにマスコミにチクったのを俺がたまたまその記事を読んでて今その記事に書いてあったことをうろ覚えで書いてるわけだ。
そうとう昔だからところどころ間違ってるとは思うがだいたいこんな内容だった。
興味あるなら自分で調べてね。
あと吉野家はアメリカ牛使っているから食べたくない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。