モンサントのグリホサートが含まれている米食品リスト、一挙公開! 骨髄蓄積の危険、日本では“野放し”状態!?

 モンサント社(現在はバイエル社によって買収)の除草剤「ラウンドアップ」の有効成分グリホサートの危険性は、トカナでもたびたび報じてきた。

モンサントのグリホサートが含まれている米食品リスト、一挙公開! 骨髄蓄積の危険、日本では野放し状態!?の画像1
「Collective Evolution」の記事より

■グリホサート汚染された食品リスト

 グリホサートはもともと、戦争のための神経ガスとして開発された薬品である。そして、多くの事例や試験結果が、グリホサートが健康や環境に対する重大な危害要因であることを明確に示している。それにもかかわらず、ラウンドアップはいまだに、日本を含む複数の国で市場に出回っている。

 バイエル社は、グリホサートによって引き起こされた健康被害に関して、現在1万件以上の裁判を抱えている。

 今回、新しく行われたテストでは、子ども向けに販売されている複数の食品に、ラウンドアップの成分であるグリホサートが含まれていることが発見された。それが以下のリストだ。

1. オレンジジュース

モンサントのグリホサートが含まれている米食品リスト、一挙公開! 骨髄蓄積の危険、日本では野放し状態!?の画像2
「Collective Evolution」の記事より

 アメリカ人の子どもたちは朝食、ランチ、おやつ、夕食と、オレンジジュースをよく飲む。メーカーはオレンジジュースを「100%純粋で健康的」というイメージで売っているので、ほとんどの親は他のソフトドリンクを飲ませるより、健康的だと思い込み、子どもに与えているはずだ。

モンサントのグリホサートが含まれている米食品リスト、一挙公開! 骨髄蓄積の危険、日本では野放し状態!?の画像3
「Collective Evolution」の記事より

 この表は、小売店で購入されたごく一般的なオレンジジュースに含まれるグリホサートの量である。グリホサートは、全米5大オレンジジュースブランド全てに含まれていることがわかる。その中でもグリホサートを最も多く含むのは、オレンジジュースの代表ブランドである「トロピカーナ」、「ミニッツメイド」だ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ