【あの殺人犯と獄中面会】西口宗宏「堺市資産家連続殺害事件」! 死刑の恐怖に苦しみ、精神安定剤が欠かせず…見た目も劣化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
当時の報道より


 2011年の11月と12月、大阪府堺市で資産家が相次いで殺害され、金などを奪われた事件は、その残酷な殺害手口が社会を戦慄させた。犯人の西口宗宏(57)は今年の春、最高裁に上告を棄却され、死刑判決が確定したが、今はどのように過ごしているのか。

■報道では、不良中年風だったが……

「判決を聞いても、ショックはなかったです。死刑になって当然やと覚悟していましたから」

 今年の春、大阪拘置所の面会室。アクリル板越しに西口は弱々しい感じでそう言った。

 報道では、派手な柄物のシャツを着た不良中年風の写真で紹介されていたが、面会室の西口は顔色の悪い、やせた小男だ。逮捕後、激やせしてしまったのだ。

「死刑が確定すると、外の人との面会や手紙のやりとりもほとんどできなくなります。今はそんなことを悶々と考えています・・・」

 裁判中、支援者が現れて面会に訪ねてくるようになり、西口はそれを心の支えにしていた。しかし、死刑が確定すると1年365日、ずっと独房で1人で過ごすことになる。それも心配でたまらないようだった。

西口が確定死刑囚として収容されている大阪拘置所

■残酷な殺害方法は「映画かドラマで知った」

 西口は元々、資産家の一人息子で、1999年に母親の死により多額の遺産を相続していた。しかし、浪費により生活が困窮。2004年に保険金目的で自宅に放火し、懲役8年の判決を受けて服役した。そして2011年6月に仮出所後は内縁関係の女性宅に身を寄せていたが、「就職が決まった」と嘘をつき、その嘘をごまかすために2件の強盗殺人をはたらいたのだ。

 確定判決によると、西口は同年11月、堺市のショッピングモール駐車場で歯科医婦人の60代女性を車の中に押し込めて監禁。両手足を粘着テープで拘束し、顔にはラップを巻きつけて窒息死させ、現金31万円とキャッシュカードを奪った。さらに12月、同市で暮らす象印マホービン元副社長の80代男性の自宅に押し入り、同様の方法で殺害し、現金80万円を持ち去った。

コメント

9:匿名 2019年8月5日 19:26 | 返信

低脳なコメばっかりw
こいつらも死刑囚と大差ないwww

8:匿名 2019年8月5日 05:35 | 返信

命乞いする人を何人殺したんだ?
絞首刑ですら温い。

7:匿名 2019年8月4日 02:04 | 返信

絞首刑で即死なんてさせずに、苦しんで死なせれば良い

6:匿名 2019年8月4日 00:49 | 返信

100万にも満たない金で人殺しかよ・・・
5000万以上なら、ちょっと考えるな。不謹慎だけど。

5:匿名 2019年8月3日 19:51 | 返信

スペリングをスペアリングと間違えてるとこなんかやっぱりかなり低能だな

4:匿名 2019年8月3日 19:11 | 返信

さっさと執行しろよ

3:匿名 2019年8月3日 19:08 | 返信

死刑は怖いって人殺しておいてなに言っとるんや
死刑でも地獄行きですね

2:匿名 2019年8月3日 17:32 | 返信

落ち度のない人を殺してるんだから,当然の報い。
被害者は,考える暇も家族や友人たちに別れを言う時間もなかったことを考えると,甘過ぎるくらい。

1:特命 2019年8月3日 16:12 | 返信

何の思想も無く
ただ金のために人を殺すカスを支援する奴って頭おかしいんぢゃねぇの

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。