まだあったノストラダムスの2019年予言が怖い! 今年中にトランプ大統領暗殺、ブレグジットの行方は… 専門家が断言!

 1963年のケネディ暗殺も予言していたといわれるノストラダムスがトランプ大統領の暗殺を予言か――。専門家によれば、ノストラダムスの2019年予言はまだまだ予断を許さないようだ。

■「就任2期目にトランプ暗殺未遂が起こる」

 ノストラダムス関連の情報はトカナでも随時お伝えしているが、ノストラダムス研究の専門家によれば、今年後半から来年にかけてまだまだ大変なことが起こりそうだ。

 イギリスのサイキックで霊媒師であり、サイキックリーディングに関するサイト「Psychics.co」の運営者でもあるクレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、2019年はトランプ大統領にとって危険な年であるとノストラダムスが予言していることを英紙「Express」に話している。

まだあったノストラダムスの2019年予言が怖い! 今年中にトランプ大統領暗殺、ブレグジットの行方は… 専門家が断言!の画像1
「Express」の記事より

 パーカー氏によれば、ノストラダムスは2019年から2020年の間にトランプ氏に対する暗殺計画があることを警告し、中東での武力紛争、そしてロシアとの関係刷新を予言しているということだ。

「トランプ大統領は2期目を迎えると思いますが、ノストラダムスによれば2期目にトランプ暗殺未遂が起こると予測しています」(パーカー氏)

 2020年11月の米大統領選でトランプ大統領が2期目を迎えるのかどうかが判明するが、その前後にかけて大統領の身辺がきわめて危険な状況になることが予言されているというのだ。

「ノストラダムスはまた中東での戦争についても予測しています。2019年に最初の軍事衝突が起こるでしょうが、それは本格的な戦争に発展するわけではないでしょう」(パーカー氏)

 そしてトランプ大統領はその後、ウラジーミル・プーチン大統領と何らかの取り決めや協定を結ぶということだ。この協定はおそらく2018年米朝首脳会談での北朝鮮との協定を反映したものになるという。

まだあったノストラダムスの2019年予言が怖い! 今年中にトランプ大統領暗殺、ブレグジットの行方は… 専門家が断言!の画像2
「Express」の記事より

 意外なのは“ブレグジット”の動向については何も予測されていないという点だ。パーカー氏自身は何の取り決めもなくEUを強行離脱する“ハード・ブレグジット”を予想していたので、この一連の動きについてノストラダムスの予言がまったく触れていないことに驚いているということである。“ブレグジット”が問題にならないほどの思いがけない展開がこの先に待ち受けているのだとすれば不気味な限りだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ