ノストラダムスは“ゼロ時間世界”にアクセス透視していた! 「1999年の詩」正しく解読してわかった救世主再臨の超真相とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

――聖書・ノストラダムス、E・ケイシー、出口王仁三朗…… あらゆる究極予言から大胆なジャーナリズムで未来を読み解いたトカナBOOKS新刊書籍『神々の予定表(アジェンダ)』著者・山田高明が緊急寄稿!

ノストラダムスはゼロ時間世界にアクセス透視していた! 「1999年の詩」正しく解読してわかった救世主再臨の超真相とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 さて、前回、「アンゴルモアの大王」(アングーモワの大王)とは、ノストラダムスと同時代人だったフランソワ1世(在位:1515~1547年)のことだと述べた。

 また、「恐怖の大王」はイエス・キリストであるとも述べた。

※ 「1999年人類滅亡説」の間違いを正した前編はコチラ!

 ノストラダムスは「アンゴルモアの大王」と「恐怖の大王」に同じ「grand Roy(偉大な王)」という言葉を当てはめた。ある意味、フランソワ1世とイエスを同列に置いているとも言える。それだけフランス国王を畏怖していた証拠だ。すると、ノストラダムスにとって、フランソワ1世の治世は「偉大なる統治(ガバナンス)」の象徴だったのではないか。

 以上を踏まえると、1999年の詩は、次のような解釈(カッコ内)になりはしないか。

一九九九の年、七の月
空から恐怖の大王が降ってくるだろう(空からイエス・キリストが降ってくるだろう)
アンゴルモアの大王を復活させるために(フランソワ1世を復活させるために)
その前後の期間、マルスは幸福の名のもとに支配するだろう
(詩百篇 第10巻72番 カッコ以外は五島勉氏訳)

 3行目は、当時のフランス人の目線に立って、「フランソワ1世が統治した偉大なる時代」とか「フランソワ1世によって行われた偉大なる善政」を意味していると思えば、より分かりやすくなる。それを復活させるために、イエスが1999年に降臨すると予言したものなのだ。

 これは同時代の君主に対する過剰な賛辞であり、権力者への媚びとも受け取れる。

 ノストラダムスはフランソワ1世の息子アンリ2世とその王妃カトリーヌ・ド・メディシスと懇意だったことから、フランソワ1世への過大なヨイショの詩を詠んだとしても何ら不思議ではない。

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメント

6:トランプ大統領 2019年5月3日 20:24 | 返信

ところで、なんで1999年なんだ?この説明では明らかに合致していない。お前が嘘つきなのではないか?確かにアメリカは私の支配によって幸運だったかもしれんが?例えそうだったとしても、何の意味も無いだろう。ノストラダムスがアメリカ知っていても何の得もないけど?それがどうかしたのか?キリストなんて、存在しない架空の人物であるし、何を言っているのか?やらせか?やらせをする為だけに預言やってたのか?世紀末は北斗の男しかおらんよ。悪党を大量虐殺してくれる救世主の猫ちゃんだ。ノストラダムスはスファラディ系だろうがアシュケナジム系だろうがどちらも偽ユダヤなので、ユダヤ人と呼ぶべきではないし、所詮はチョンのパペットだ。生きている価値などない。

5:匿名 2019年5月3日 20:24 | 返信

>>2
未来を見ているのではなく、予定された意志を見ているからわからないわけではない
よく勘違いされている予知は例えば宝くじや競馬の結果が解るというもの
そうではないことに気がつくと納得できる

4:匿名 2019年5月3日 04:09 | 返信

そんな根拠は無い

3:匿名 2019年5月2日 14:25 | 返信

カオス過ぎて何をどう怖がればいいのかすらわからないw

2:匿名 2019年5月2日 11:54 | 返信

当たるまで何かしらを言い続ける。こーゆー意味だとハッキリと言えない。そもそも何千年も先の事など分かるはずない‼️得意気に語るな‼️

1:匿名 2019年5月2日 09:43 | 返信

五島氏とは違うとか言いながら、実は五島氏の信奉者なのが見え見え。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。