【緊急朗報】ついにデンバー国際空港“第4の壁画”の完全解読に成功! それは「ルシファーによる新世界の到来」を高らかに告げていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

デンバー国際空港

,

予言

,

壁画

,

山田高明

(前編はこちら!)

 前回、デンバー国際空港のターミナルに存在する奇怪な4枚の壁画のうち、第一から第三までを解読した。今回は第四の壁画を解読する。

「自然と共にある平和と調和の中で」(In Peace and Harmony with Nature)の右側の絵がそれだ。これが連続絵物語の結論部分に当たる。

1812DIA2-1.jpg

 まず、私たちが一見して理解できるのは、人口が大幅に減少していることだ。

 第一の壁画と比較すると、各民族を象徴する子供達の数は「約3分の1」に減っている。そして、その中に日本人はいない。

 その代わり、シロナガスクジラ、オオカミ、ヒョウ、ケツァール、ツルなどの絶滅危惧種が生き生きと描かれている。そして、背後には美しい自然が描かれている。

 それは環境が完璧に回復した“新世界”と呼べよう。その中で、数を大幅に減らした子供たちが幸せに暮らしている……そういう概要なのだ。

1812DIA2-2.jpg

 中でも、中心にある「虹の花」の苗に焦点が合わさっている。この花は光っている。また、平和の象徴たる“白鳩”を中に抱えている。当然、虹は「希望」を、白鳩は「平和」を象徴している。

 虹と白鳩は「第二の壁画」において、いったん滅びた。それが「第四の壁画」の中で復活したのだ。それは「新たな世界で再び希望と平和が芽生えた」ということを意味する。

 子供たちは、その虹の花の苗(=新世界の誕生)を喜んでいる。しかも、有色人種の女の子が真ん中にいる。作者は彼女を主役に位置づけている。

 当然ながら、この絵は大多数の人々に「ハッピーエンド」を思わせる。

■本当の意味は「ルシファーの誕生」だった!

 このように、一見すると、壁画は人類の理想社会の到来を予告している。

 だが、フリーメイソンは本当にこんなディズニーのファンタジーのようなストーリーをわれわれに伝えたくてレオ・タングマに絵を描かせたのだろうか?

 それは表面的な見方だ。本当は人々にそう錯覚させるのが彼らの狙いである。

関連キーワード

コメント

3:匿名2019年1月 2日 05:51 | 返信

聖書の結末はキリストが支配する世界だよ
サタンは一時の間しか出てこられない

2:匿名2018年12月31日 15:35 | 返信

大晦日に面白い記事をありがとう

1:匿名2018年12月31日 14:11 | 返信

最近の記事だとナンバー1かな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。