北朝鮮に潜入! 日本人差別用語「ウェノム(倭奴)」を連呼されつつ村田らむが撮影! 美人だらけの売店や“老人隠し”も!

関連キーワード:

,

,

,

 最後は全員で古い宮廷に行って食事をした。全14品の豪華な食事だ。キムチは韓国ほど辛くなく、全体的に優しい味付けだった。

北朝鮮に潜入! 日本人差別用語「ウェノム(倭奴)」を連呼されつつ村田らむが撮影! 美人だらけの売店や老人隠しも!の画像19

 かなりの量があったが、同行者がせっかくだからと、冷麺も頼んだ。これも韓国よりも麺が柔らかく食べやすかった。

北朝鮮に潜入! 日本人差別用語「ウェノム(倭奴)」を連呼されつつ村田らむが撮影! 美人だらけの売店や老人隠しも!の画像20

 おそらく北朝鮮の一般の人民は一生に一度も食べられない量の食事なのである。せっかくだから残さずに食べようと、がんばって食べていると、同じバスに乗っていたヨーロッパ人がほとんどハシをつけずに立ち上がって出ていった。イケメン白人のお口には合いませんか〜と思う。

 ぐるっと回って検問所に戻ってきた。行きの検査はサラッとしていたが、帰りの検査は厳しかった。持ち物も一個一個丁寧に見られるし、カメラのSDカードもパソコンに映し出して検査される。

 僕は、撮ってはいけない場所で撮影していたので見つかったらただではすまないだろうと思い、トイレに行ったついでにSDカードをそっと靴下に隠した。そしてかわりにちょこちょこ観光地を撮影しておいたダミーのSDカードをカメラに入れて検問を受けた。

 無事通ることができた。そしてなんとかデータを持ったまま韓国に戻ってこれた。皆さんに写真を見せることができて嬉しい。

 そんな駆け足の日帰りツアーだったが、今はやっていない。ムンジェイン大統領は今年8月6日に

「南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば、我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる」

 と話した。そうして南北が仲良くなれば、ひょっとしたらツアーの復活もあるかもしれない。その時は興味がある人は行ってみたらいかがだろう?

文・写真=村田らむ

村田らむ

ライター、漫画家、カメラマン、イラストレーター
1972年生まれ。キャリアは20年超。ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教組織、富士の樹海などへの潜入取材を得意としている。著書に『ホームレス大博覧会』(鹿砦社)、『ホームレス大図鑑』(竹書房)、『樹海考』(晶文社)、『ホームレス消滅』(幻冬舎新書)など。

 

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

北朝鮮に潜入! 日本人差別用語「ウェノム(倭奴)」を連呼されつつ村田らむが撮影! 美人だらけの売店や“老人隠し”も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル