モンサント、ついに植物由来の人工肉産業に進出か!? すでに”恐怖の”高グリホサート人工バーガーが市場に出現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 バイエル社に買収されたモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」の危険性について、トカナは繰り返し報道してきた。<モンサント記事一覧>

 そして現在、バイエル社は植物ベースの肉市場(日本では『人工肉』と呼ばれる)に注目しており、生産者として市場に参入する可能性があるらしい。しかも、すでに潜在的には進出しているとみられてもおかしくない状況ができているというから恐ろしい。

 

■人工肉バーガーに高レベルのグリホサート

 バイエル社が2017年にモンサント社を買収した時、世界の種子・苗とそれに使用する農薬の24%が、バイエルの支配下となった。ビーガンは、もともとモンサント社がビーガン市場に参入しようとする動きを強烈に批判していた。

 厳格なビーガンは、動物の皮革などが使われた衣料品や動物実験をしている化粧品や日用品は使用しない。

 しかし、バイエル社はウェブサイトで動物実験の継続を明言している上、除草剤のラウンドアップはもちろん、ビーガンの考える環境への懸念とは相反する立場にある。

 バイエル社はビーガンに賛同しているのではなく、支配出来る可能性がある有利な市場を見つけたということだろう。ラウンドアップ裁判で多額の賠償金が課されている今、バイエル社が他の市場に浸食しようとしていても、何ら不思議ではない。

 さて米国の現在の人工肉市場であるが、米ベンチャー企業「インポッシブルフーズ」社が開発した「インポッシブルバーガー」が、米国で既に販売されている。ファストフードのバーガーキングと共同開発した、「インポッシブルワッパー」も今春から販売され、売り上げは好調だという。

 しかし今回、市民団体「マムズ・アクロス・アメリカ」は、インポッシブルバーガーには、ラウンドアップの主成分であるグリホサートが多量に含まれていると発表した。公的検査機関の「Health Research Institute Laboratories、HRILabs」が、インポッシブルバーガーで検出したグリホサートのレベルは、他社の人工肉バーガー「ビヨンド・ミート・バーガー」の11倍であったという(インポッシブルバーガー中のグリホサートは11.3ppb、ビヨンド・ミート・バーガーは1ppbだった)。

コメント

5:匿名 2019年9月10日 15:36 | 返信

「Aとして喧伝されるものが実際は正反対のBである」というのは陰謀論の基本メソッドだよな。
『アメリカの食品は時として、大いなる矛盾をはらむ。』とあるが、これはもっと普遍的な問題に感じる。

4:匿名 2019年9月9日 21:27 | 返信

最近、私のまわり(農村部)のガン多いんだよね。
ラウンドアップよく使ってたなー。

3:匿名 2019年9月9日 17:26 | 返信

1
あんた誰だ?
トランプの別アカ(アカウントなどトカナに存在しないが)かと思ったが、そうではなさそうだな。

2:トランプ大統領 2019年9月9日 17:04 | 返信

こんな事をしていたら、そのうちヴィーガンが怒って武装蜂起するだろうな。ヴィーガンの国を作ると各地域で大暴れして食品の安全を脅かす犯人を探し出して私刑にするだろう。戦争を起こすつもりか?過激思想に傾倒すれば、環境保護の為に悪人を徹底的に殺害すべく団結しかねないぞ!というか、毒を盛るのはチョン以外に居ないので、そのバイエル社の責任者は宇宙人に操られたチョンであると言って良い。奴はポイズン、ポイズンなどとパペットの前澤社長がそう言っておるから毒を撒いて人々を苦しめようとしているに違いない。先入観やよく調べようとしないからなどと言ってトカナに書き込んで来る奴も当然奴であるからして、皆ヴィーガンと一致団結してチョンを探し出して私刑にする事が世の中を正常化する事に繋がるので、ヴィーガンと一緒に戦って勝つしかない。その為には第三次世界大戦を引き起こしてチョンの不細工を抹殺し、分離独立させてヴィーガンに対しても安全管理の徹底を約束しなければならん。何がよく調べようとしないからだ!分かる訳が無いだろう!いちいち全部調べてから食べているのか?出来る訳が無い。ロボットは油さえあれば良いんだろう?悪の生産者は殺すしか無くなるぞ!ヴィーガンパワーで第三次世界大戦だ!

1:M国党 2019年9月9日 16:54 | 返信

NWOが推進する人口削減に大いに寄与しそうだ。西側支配層は絶対クチにはしない。マクドナルドやケンタッキーなどのジャンクフードは労働者たちに思考能力を退化させ高カロリーで長時間働かせる為に開発された、いよいよ次のステージに入った。遺伝子にも影響を与え、特定人種の絶滅も期待できる。大規模戦争が無くとも食の自由は著しく狭められそうだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。