【第3次世界大戦】「日本は独力で中国を干上がらせることができる」理由とは? 一帯一路の狙いと日本を恐れる中国の本音!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 日本の融資プロジェクトはおおよそ金利0.5%なのだから、いかに中国が暴利で商売していたかが分かる。実はこのほとんどに共通するのが「日本を抑え込む」狙いなのである。


■日本は中国のシーレーンを封鎖できる

ピンクは重要地域


 中国最大の弱点は確保すべき海上交通路である「シーレーン」だ。経済発展とともにエネルギー需要を増大させ、日本では新設が禁止されている液体石油発電、石炭火力発電までフル稼働させ、原子力発電所も計画している。人口1億2千万人の日本と、その十倍ほどの規模を持つ中国が同様の生 活レベルを維持するには当然、 日本の十倍のエネルギー供給が必要になるが、いかに資源大国でも そこまでのエネルギーは持っておらず、結局は中東原油に頼る必要がある。経済的にも大きな取引相手ヨーロッパと海路で結ばれていた方が望ましいのは、船と鉄道では燃費が違いすぎるからだ。例え ば三井商船の所有するブラジル丸は33万トンの鉱石を搭載し、 出力は2万3千キロワット。平均的な4トントラックの出力は265キロワット。出力では100倍程度の差だが、 搭載量は約8万倍の差がある。船は圧倒的に効率的な輸送方法で、 中国としては何としても海路を押さえる必要がある。

 そして、中国がシーレーンで日本を強く意識するのは、両国でそのルートのほとんどが重なっているからだ。中東地域を出たタンカーはインド洋を通り、マレーシア先端のマラッカ海峡を抜け、南シナ 海から東シナ海を通過する。日本向けはフィリピンを過ぎたあたりで東京や横浜、神戸、大阪などに向かうが、中国は南部の広州あたりから陸路で運ぶ以外、台湾海峡か宮古海峡を抜けないと行く先の工業地帯に辿り着けない。もし、 このルートのどこかが破壊されたら、中国のエネルギー事情は一瞬で崩壊するのだ。

 そしてここを攻撃する能力を持っている国が日本なのである。国際条約や憲法の制限もあって、自衛隊は簡単に動くことはできないが、 「シーレーン寸断が可能」というだけで中国には最大級の脅威になっている。

 なにしろ日本は原子力潜水艦以上の攻撃力を持つAIP潜水艦で南シナ海、東シナ海、台湾~宮古島の海域を封鎖することができる。潜水艦を使わずとも宮古島には対艦ミサイルが配備されており、タンカー攻撃は朝飯前。海上自衛隊の護衛艦は対潜水艦戦に特化しており、対艦攻撃能力こそ疑問視されているが、艦隊戦をする必要はない。日本は独力で中国を干上がらせることができるのだ。

関連キーワード

コメント

9:匿名 2019年10月26日 01:12 | 返信

スクランブルは緊急発進という意味なので、
スクランブル発進数→スクランブル数
なんじゃね?

8:匿名 2019年10月24日 16:44 | 返信

統合失調の筆者と同じ統合失調のコメントが並ぶ、日本スゴいんだぞ幻想が高いレベルになるとこんな猿以下の駄文にオナニーしてる気分にタヒれる。日頃の同調ストレスとプレッシャーで妄想オナニーが幻覚を呼ぶらしい。滅びるジャップ猿の末路は大概日本スゴいんだぞ幻想という完治しない精神病で親や子、孫にも棄てられカネだけ奪われて 死ぬ(笑)

7:匿名 2019年10月24日 14:35 | 返信

飽和ミサイル攻撃を、日本の一都市が受けたら、日本政府はすくみあがって何も出来ないけれどね。
アメリカも傍観だよ。

6:匿名 2019年10月23日 20:54 | 返信

>> 5

こういうヤツが映画とかでも本当に攻めてきたら真っ先に逃げ出すヤツなんだよなw

5:情報伝達が下手な勇敢な戦士 2019年10月23日 19:54 | 返信

怖くないぞ
来るならなら来いよ
こちとら朝飯で味噌汁出てきたら顔洗って待ってるからな。
絶対だ!!!

4:匿名 2019年10月23日 17:56 | 返信

単純な武力なら中国には敵わないよだって中国は核持ってるし
そういう事じゃなくてさ例えば中国共産党なんて人数で言えば大きな組織だけど
その中身は金とコネと恐怖で支配してるだけの組織なんだよ
優秀な人物がいても賄賂を贈らないと上の立場には行けない
そういう所に穴というか弱みがあるような気がするんだ
力押しするのではなく内部崩壊を狙うみたいな

3:匿名 2019年10月23日 16:10 | 返信

中国に勝てるだって?
トカナもとうとう大ボラ吹くようになったな!いや、もとからか
勝てるものなら勝ってみろ!今やアメリカより強い国だぞ!

2:トランプ大統領 2019年10月23日 13:55 | 返信

朱成虎?トラさんじゃないか!そんな昔に戦争すべきだと言った覚えは無いが、考えは近いものがある。シナはAIのチョン天皇に操られていて危険なので、いずれシナと戦争すべきではあるが、それは準備が整っていないと出来ない。そもそも大昔から日本はシナチョンの攻撃を受け続けて、既に支配されているし、今では弱体化されていて、戦力は有っても、なかなか戦争してくれる雰囲気にはならなそうだ。丸山穂高議員の様な現実主義者がいないとそういう雰囲気にはならんだろう。昔から、何度も大陸に進行しているのは、チョンを倒す為であって、シナ人にも支持者が多くいるので何ら問題が無いのである。日本にシナ政府を倒してほしいという要望は昔からあるようだ。ただし、日本は前述の様にチョンがいるので阻止されて成功していない。日本国内のチョンを粛清あるいは追放し封じ込めてから、やらなければならんだろう。本当の意味で平和でなければ経済も潤滑では無いからな、チョンの奴隷にならない為にも今やらないといかんのだよ。何というかシュミレーションゲームの様で、ネコとイヌがチェスと将棋を合わせた競技で戦っているイメージだな。日本にいた縄文人はシナチョンに食い殺されて、追いやられているし、いつの間にか乗っ取ったシナチョンが日本人に成りすまして持ち駒になっている。トータルで見るとこっちが劣勢。向こうには俺のパペットが今一生懸命戦ってくれているが、こっちのインド軍やアメリカ軍が加勢しないと勝負にならない。アメリカだけでなく、シナに支配されている周辺諸国やヨーロッパ各国が加勢してくれて、シナを包囲し、集中攻撃を加えて圧倒的なチョンのイカサマを破壊して文句無しの勝利をしなければならんだろう。そこまで徹底的にやらないと、奴は細胞一つ残しても復活するので油断ならん。だから人間選別して、殺せる殺人マシーンがなるべく必要なのである。これは(ΦωΦ)の独立戦争なのだ!

1:匿名 2019年10月23日 13:00 | 返信

トカナの記事で、第三次世界大戦はすでに始まっている、と読んだぞ。
間違えた記事は即訂正するべき。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。