台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説! 「既存の科学は何も説明していない」大気圧と雨も”電子の移動”が生み出していた!

台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説! 「既存の科学は何も説明していない」大気圧と雨も電子の移動が生み出していた!の画像1
画像は「getty images」より

 12日(土)~13日(日)にかけて、台風19号が非常に強い勢力を保ったまま日本列島に上陸する見通しだ。それに伴い首都圏ではJRが計画運休を発表するなど、交通機関への影響も甚大だ。今年9月の台風15号では千葉県で断水、停電、家屋損壊など大きな被害が出たが、今回の台風19号もそれに劣らない暴風になる恐れがある。

 ところで、電気的宇宙論の専門家である平清水九十九氏によると、従来の科学的説明では台風の発生を十分に説明できていないという。

 前回は「台風と地震の密接な関係と台風19号が東京に向かって進んでいる理由」を説明してもらったが、今回はプラズマ電気宇宙論のひとつであり、電磁気現象で自然を解明する「電気的宇宙論」を地球科学に拡張した「電気的地球科学」の見地からより深く台風現象を解説してもらった。

 

――物理・IT・電気的宇宙論の専門家、平清水九十九が解説!

■気圧は電位差が作っている

台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説! 「既存の科学は何も説明していない」大気圧と雨も電子の移動が生み出していた!の画像2
画像は「getty images」より

 一般的に、大気圧は重力による空気の重さが積み重なって、地表では約1気圧の圧力を作っていると説明される。ところが、土星の衛星タイタンは、重力が地球の0.14倍しかないにもかかわらず地表では1.5気圧もある。金星は地球の0.9倍の重力で90気圧ある。これらは、大気の厚さ、重力では説明できない現象だ。

 たとえば、空気を容器に詰めてぶんぶん回転させると圧力が発生するだろうか? 固体や液体の場合、手でぐるぐる回すだけで、遠心力が発生する。水を入れたバケツを手に持って回転させたことがあると思うが、重力の数倍の遠心力を人間の力で発生させることができる。

 ならば、同じ速度で空の容器を回せば、数倍の遠心力が発生するので、容器内部には数倍の気圧が発生するはずだ。遠心力と重力は等しいという等価原理がある。これは相対性理論を成立させている重要な原理だ。等価原理が正しいなら、容器に詰めた空気を回転させると圧力が発生するはずだが、じっさいにやるとそうはならない。空気分子は秒速400m以上という高速で走り回っているので、ちょっとやそっとの回転速度では、ほとんど影響がないからだ。

台風19号の発生メカニズムを専門家が徹底解説! 「既存の科学は何も説明していない」大気圧と雨も”電子の移動”が生み出していた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで