「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とするルポライター村田らむが寄稿!

「人形って恐い……」

 と思う人は少なくないだろう。

 たくさんいるから、怪談やホラー映画でもよく登場する。

 僕は霊障やら霊魂やらは毛ほども信じていないのだが、それでも人形は恐いと思う。

 廃墟を散策していて、ふと視線を感じて振り向いたらフランス人形が置いてあったりすると「きゃっ!!」と声が出るくらいビックリしてしまう。たまに

「リアルラブドールってどうです? 現実の人間よりもかわいいですよ?」

 と勧められることがあるが、僕はリアルラブドールも恐い。部屋にリアルドールがいたら、たぶん家に帰らなくなると思う。

 というワケで、今回は「人形が恐い」スポットを3箇所紹介したいと思う。

■01・京都 粟嶋堂宗徳寺

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像1

 粟嶋堂宗徳寺は京都駅を北から出て西に少し歩いた所にある小さなお寺だ。

 この次に紹介する淡島神社と系列は一緒だが、こちらは寺院である。そもそもは宗徳寺を守るための粟島神社だったのだが、明治の神仏分離令によりお寺になった。

 祀られているのは粟嶋明神である。1400年代に南慶和尚が、和歌山の淡島から京都に粟嶋明神を運んできて境内に祀ったのがはじまりと言われている。

 それでは粟嶋明神ってなに? というと、イザナギ・イザナミの二番目の子供と言われたり、国造りの神の一人スクナビコナだったり、仏教の知恵の神アーカーシャガルバ(虚空蔵菩薩)だったりと、いろいろな解釈があるそうだ。

 よく分からなくなってきたと思うが、宗教ってのは大体はややこしいし、またいいかげんなものなのである。でもそこが面白い。

 ちなみに粟嶋明神は、女性の守護神と言われている神様である。お寺の入り口には

『女性の守り神 粟嶋大明神』

 とドーンと彫られた石碑が建っている。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像2

 張り紙には

「病気平癒(特に婦人病平癒)手術成功、良縁、子授安産、その他、女性一切の御守護」

 と書いてある。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像3

 完全にご婦人向けの神社である。デパートの女性の下着売り場に入るような気まずさを感じながら堂内に入った。

 さほど大きいお寺ではないが、本堂と稲荷社、庚申堂が並んで建っている。娘の病気回復の祈願に来たという、江戸中期の俳人・与謝蕪村の俳句も石碑にして飾られていた。女性数人の参拝客が来て、手を合わせていた。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像4

 まあ僕は醜い40代の独身男性なんで、祈願はしないで反対側の展示物を見る。

 このお寺の中で一番目立つのは、“人形”である。堂内には大きな文字で「人形供養」と書かれている。一体につき3000円で供養してくれるのだという。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像5

 そして、供養をしたあと、きれいな人形を棚にお飾りしているのだ。

 そして、これがすっごい恐い。

 大まかにジャンル分けされているのだが、古くて色のくすんだ日本人形がズラッと並んでいるゾーンを見て息を飲んだ。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像6

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像7

 大小様々な子供たちが無邪気な顔でこっちを見ている。おかっぱ頭のいわゆる市松人形もあるし、まだ髪が生え揃ってない赤ちゃんの人形もある。人形たちの視線で肌がチクチクと痛くなる気がした。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像8

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像9

 人形たちの後ろには、お堂をお参りしている着物の女性が描かれた古い絵が何枚も飾られている。海外の女の子をかたどった人形や、花嫁人形もズラリと並べられていた。

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)の画像10

 展示の方法が実に上手い(恐がらせるつもりならば、だけど)。

 深夜に来たら、なかなかチビっちゃいそうなお寺だった。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

「これは恐い、恐すぎる」人形が怖い3つの場所! 村田らむが取材(トライポ閲覧注意)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル