誰も語らなかった「オーガズムの暗黒面」が暴露される! 専門家「“悪いオーガズム”は存在する、健康に害」

 一般に、セックスでのオーガズムは「良い」ことだとみなされており、セックスの満足度や楽しさの度合いを高めるものと考えられている。しかし、オーガズムに対して楽しさや喜びといったポジティブな感情ではなく、時には罪悪感や恥ずかしさ、あるいは体に裏切られたような思いなどを感じる……というのも珍しいことではないようだ。今年9月に心理学の専門誌「Archives of Sexual Behavior」に掲載された論文によると実に多くの人々が「望まないオーガズム」の経験があると回答しているというのである。一体どういうことなのか? 興味深い最新研究が明らかにした「オーガズムの暗黒面」を英「Daily Mail」(10月11日)が取り上げている。

The darker side of the orgasm: Climaxing doesn’t always mean someone has enjoyed sex and it ‘can make people feel emotionally detached or betrayed by their body’ (Daily Mail)

誰も語らなかった「オーガズムの暗黒面」が暴露される! 専門家「悪いオーガズムは存在する、健康に害」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

「パートナーがオーガズムを感じていたといって、そのことが相手がセックスを心から楽しんだことを意味するとは考えるべきではありません」

 そう断言するのは論文の筆頭著者である米ミシガン大学の心理学者サラ・チャドウィック氏である。心理学ニュースサイト「PhyPost」の取材に対し、チャドウィック氏はオーガズムと感情が非常に複雑な関係にあることを強調する。

「これまでの研究で、オーガズムは一般に考えられているより遥かに複雑なものであることがわかってきました。そこで、我々は”悪い”オーガズムが存在するかを調査することにしたのです」(チャドウィック氏)

 調査はインターネットを使って行われ、726人がセックスとオーガズムに関するアンケート調査に参加した。すると、実に289人が”悪いオーガズム”を経験したことがあると答え、ネガティブなオーガズムについて経験談を送ってくれたのである。

 それらの回答から浮かび上がってきた「楽しくないオーガズム」の特徴の一つは、望まないセックスでのオーガズムを否定的に感じやすいということだった。強制的、あるいは合意はしたが望まぬセックスでオーガズムを感じたとしても、それを不本意に感じ、自分で望んだものではないし、自分の体に裏切られたような気がするといった、ネガティブな感情を抱きがちな傾向があった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ