女性のオーガズムの謎が“衝撃のウサギ実験”でほぼ解明! セックスでイッたことがない女性が多い理由も判明(科学研究)

女性のオーガズムの謎が衝撃のウサギ実験でほぼ解明! セックスでイッたことがない女性が多い理由も判明(科学研究)の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 人間の女性におけるオーガズムの存在は、生物学的・進化学的に関心度の高いトピックの一つである。過去の調査によれば、女性の3人に1人はセックス(陰茎の膣への挿入)で“イッた”ことがないといい、また生物学的にも女性のオーガズムは受胎の成功に必要ないことがわかっている。人間の女性におけるセックス中のオーガズムの意義とは、シンプルに「快楽」だけであり、それ以外に明確な機能はないとされている。しかしその割に、女性のオーガズムに関連する神経や内分泌のシステムは複雑すぎて、進化の過程でたまたま生じたとは考えにくいという。

 この謎について、先月科学誌「PNAS」に掲載された論文が現在話題となっている。ウサギと抗うつ剤を使った実験で示されたのは、初期の人類ではセックス中のオーガズムが排卵を誘発していたという可能性である。この興味深い研究結果について、英「The Guardian」(9月30日付)などが報じている。

Rabbits may hold key to solving mystery of human female orgasm (The Guardian)

 人間や類人猿ではおよそ1月に1度、定期的に排卵が起こるとわかっているが、ウサギやネコなど多くの動物では交尾の刺激で排卵が誘発されることが知られている。ウサギなどの動物でもオーガズム——生殖器周辺の筋肉が素早くリズミカルに収縮し、心拍数や呼吸数、血圧が増大するといった現象——は観察されているが、オーガズムと排卵メカニズムの関連についてはあまり研究が行われていなかった。

女性のオーガズムの謎が“衝撃のウサギ実験”でほぼ解明! セックスでイッたことがない女性が多い理由も判明(科学研究)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル