【ヤクザ】山口組ナンバー2若頭・高山清司の本当の恐ろしさ「強烈な頭脳、誰もが怖がる…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

司忍組長と高山清司若頭の六代目山口組

 司忍六代目山口組組長の「片腕・頭脳」と言われる高山清司六代目山口組若頭が2010年の逮捕で懲役6年の判決を受けて、府中刑務所に収監されていたが、10月18日に同刑務所から満期出所した。

 高山若頭を乗せたワゴン車は午前6時前に府中刑務所を出発。出身団体・弘道会の本部がある名古屋方面に向かうとみられる。ただ。弘道会系の組事務所が使用停止の仮処分を受けている為、関連組織の事務所で簡単な祝宴を開き、その後三重県にある自宅に帰る説が濃厚だ。

 

 六代目山口組の分裂の根本は神戸山口組を作った山健組と名古屋の弘道会の対立が原因とされている。今まで主流であった山健組系列が名古屋に本拠を置く弘道会が当代となったために、非主流派に追い詰められたのが遠因とされる。

 この対立により、司忍六代目や高山清司若頭に背く姿勢を取っていた組長らは処分された。それでも組織を割らなかったのは高山清司若頭の怖さが背景にあったからだ。

 しかし、その流れも高山清司若頭が2010年に恐喝罪で長期服役が予想され、下獄した途端に流れが変わった。井上邦夫山健組組長を筆頭に複数の組長が六代目山口組を脱退し、神戸山口組を結成した。彼らがいかに高山清司若頭を恐れていたのか分かるであろう。高山がいる中で六代目山口組を脱退することなどできなかったのだ。

 過去も山口組の分裂はあった。今でも語り継がれるのは、一和会と分裂して兄弟同士で争った“山一抗争”だ。この時に一和会が敗れたのは“菱”の代紋を使わなかったことが大きな原因とされている。“菱”の代紋はそれだけ大きいブランドであったのだ。

 それは、その後神戸山口組から分かれた任侠山口組も同じ“山口組”の代紋を使い、名前を外していない事からで分かるであろう、分裂の原因は本部が押し売りする雑貨とか、色々金の徴収が厳しかったと言われているが、実際にそれも原因であったろうが、それは組を割る言い訳にしか過ぎない。

 実際に割れた後の”山健組“の会費も聞けば六代目山口組の会費と遜色は無い。割れた中で何度も抗争事件が起き、人が何人も亡くなった。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年10月26日 18:27 | 返信

堂島ダイゴと真島の兄さん

1:匿名 2019年10月18日 20:20 | 返信

強烈な頭脳てなんや

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。