元格闘家の半グレ「拳月」逮捕、性暴行相手は“アビス”元メンバーか!? 大阪・ミナミが激変する可能性!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

元格闘家の半グレ「拳月」逮捕、性暴行相手はアビス元メンバーか!? 大阪・ミナミが激変する可能性!の画像1

 大阪・ミナミの半グレ拳月グループ”のリーダーが逮捕された。25日に大阪府警捜査四課に強制性交の疑いで逮捕されたのは、大阪・ミナミに拠点を置く“拳月グループ”リーダーで、大阪市中央区・元格闘家、拳月(ケンムン)こと相良正幸容疑者(35)だ。

 捜査関係者の話によると、23日深夜に、ミナミの繁華街にある飲食店で20代の女性従業員の胸などを揉んだ後、強制的にトイレに連れ込んで性的な暴行をした疑いが持たれているという。

 事件当日に、拳月こと相良正幸容疑者は“拳月グループ”のメンバー数人と飲食店に訪れていたという。

「先日、ミナミで拳月グループのナンバーツーである“テポドン”こと籠池勇介容疑者が逮捕されましたよね、実はこの時に脅された被害者というのは報道されているように“アビス”の元女性メンバーで、前回はテポドンで、今回は拳月がはめられたんですよ」と語るのは大阪・ミナミを拠点として、“拳月グループ”と対立していた“アビス”の関係者だ。

 トカナでは“テポドン”こと籠池勇介容疑者の逮捕は数度にわたり報じ、ミナミに“アビス”が激変中という記事を出したが、実はこの激変にはこのような背景があったのだ。

今回被害にあった女の子も“アビス”の元メンバーですわ。実は“アビス”はNHKの番組で、ミナミの代表みたいな顔をしている“拳月グループ”にイラついていた。それで壊滅を狙ってたんですわ。警察もNHKが取り上げた”拳月グループ“は潰したいらしくて、今はあのグループに関する被害届は何でも聞いてくれる状態ですよ。それでも、拳月グループはまだ調子に乗っていて『俺たちはミナミを仕切ってる』と思っているから脇が甘いんですわ」(別の大阪の半グレグループ幹部)と、語った。

 NHKの番組とは先日も再放送された【NHKスペシャル】「半グレ反社会勢力の実像」という番組で、この放送がきっかけとなり、拳月グループに注目が集まった。そして、拳月グループ主要メンバーの逮捕が相次いだのだ。

 拳月(ケンムン)こと相良正幸容疑者の今後だが、これまで相良容疑者は、臀部にできものの治療で自身の保険証を他人に貸して、治療費の自己負担分を除く、一部の支払いを逃れた詐欺罪で、大阪府警捜査四課に2018年9月に逮捕され、その後大阪地裁で実刑判決を受け、現在控訴中で控訴保釈されていた。

 この強制性交の罪が有罪となれば、長期の社会不在が予想される。

 幹部とされる“テポドン”こと籠池勇介容疑者も再逮捕され、拳月グループのリーダー格の社会不在が続く現状で、解散したとされる“アビス”が今後復活するのであろうか。

「アビスにとって、拳月グループは目の上のたんこぶだったんですわ。復活するかはわからないが、拳月グループのトップがいなくなったことでミナミは変わるやろうね」(アビス元メンバー)

 アビスの元メンバー等の言葉が事実であれば、アビスの仕掛けた罠にはまった事件という可能性も考えられる。調べに対して拳月こと相良正幸容疑者は、「間違いや」などと容疑を否認しているという。今後のミナミに注目だ。

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ