中国版バミューダトライアングル⁉ 原因不明の交通事故が多発「事故直前に幻覚が見える」南京明故宮の呪い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
紫禁城。画像は「Getty Images」より引用

 中国・北京紫禁城(故宮)は、日本人のみならず世界中から多くの観光客が訪れ、映画“ラストエンペラー”の舞台となったことでも知られている。建築物は世界遺産となり、故宮博物館として利用されていることかっら、今も多くの人々が訪れる紫禁城だが、一部が処刑場として機能していた歴史もある。そのためか、紫禁城では現在でも幽霊などの目撃情報が後を絶たない。

「どこからともなく奇妙な泣き声や歌が聞こえる」

「辮髪の男性が佇んでいるのを見た」

「城の西側には近づかない方がいい。行ってしまった私は突然体が重くなり、その後も数カ月にわたって謎の腰痛に悩まされた」

 ……などなど、ネット上では紫禁城での怪奇現象の目撃談も数多い。

 こうした声に対し故宮博物院は2015年、こうした「怪奇現象」はまったくの作り話だとする異例の公式見解を発表したほどだ。

 一方、紫禁城より古い南京明故宮では、600年以上前から当地に居座り続ける霊の怨念が人々の命を奪っているという。

 明故宮は明時代の1368年、明王朝の初代皇帝・朱元璋によって建造された。皇宮として利用されたがその後、災害のため建物は消滅した。現在は跡地の広場が公園として開放されているが、地元住民の間では、幽霊の目撃情報が絶えない。現地やその周辺では原因不明の交通事故が多発しているが、事故を起こした運転手から共通して上がっているのが「事故の直前に幻覚を見た」という証言だ。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。