骨髄移植した男性の精液から「ドナーのDNA」しか検出されない大事件発生! どうなっちゃうの!?

関連キーワード:

,

,

,

,

 米ネバダ州ワショー郡に住むクリス・ロング氏(51)は、2014年に白血病と診断され、その翌年にドイツ人ドナーから提供された骨髄を移植する手術を受けた。それから5年、彼は法医学をはじめとする専門家たちの注目を集めている。検査の結果、彼の血液や細胞にはドナー由来のDNAが含まれていることが判明し、さらに驚くべきことには、精液からはドナー由来のDNAしか見つからなかったというのだ。米「The New York Times」(12月9日付)ほか、多数メディアが取り上げている。

When a DNA Test Says You’re a Younger Man, Who Lives 5,000 Miles Away (The New York Times)

骨髄移植した男性の精液から「ドナーのDNA」しか検出されない大事件発生! どうなっちゃうの!?の画像1
クリス・ロング氏。画像は「KTVN」より引用

 地元メディア「KTVN」の記事によると、ロング氏は長年保安官事務所の技術部門に勤めており、病気が発覚して骨髄移植を受けると決まった時、同僚から「移植後のDNAを研究できないか」と提案されたという。このような研究は過去に例がないと聞き、辛い闘病を少しでもポジティブなものにしたかった彼は、この申し出を快諾した。

 骨髄移植を受けてから、ロング氏は毎日自身の血液サンプルを法医学研究室に送り続けた。血液からDNAプロファイルが解析されてその変化が観察され、手術から4カ月後にはすっかり新しいものに入れ替わっていた。

骨髄移植した男性の精液から「ドナーのDNA」しか検出されない大事件発生! どうなっちゃうの!?の画像2
画像は「KTVN」より引用

 骨髄移植を受けると、患者の体内では移植されたドナーの造血幹細胞が健康な血液を造り出すようになる。そのため、血液型も変わってしまう可能性があるし、そこに含まれるDNAにもドナーのものが含まれるようになる。また、血液は全身を循環するので、体の各部にもドナーのDNAが現れることがある。この現象はよく知られており、医学的に問題がないこともわかっている。

 ロング氏の体にも同様の現象が起きていた。体内におけるドナーのDNAの割合は年々増しており、移植から4年後の検査では、彼の唇や頬を拭った綿棒といった体各部のサンプル、そして精液からもドナーのDNAが見つかったのである。収集されたサンプルのうち、ドナーのDNAが見つからなかったのは胸毛と髪の毛だけだという。

 だが、ここで研究者たちも予想しない事態が発覚した。精液中から検出されたDNAはすべてドナー由来のものだったのだ。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ