【年始警告】2020年に巨大地震が多発する7つの理由! 「起きるとしか思えない」マジ危機的状況、東京五輪中止を覚悟せよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【年始警告】2020年に巨大地震が多発する7つの理由! 「起きるとしか思えない」マジ危機的状況、東京五輪中止を覚悟せよ!の画像1
画像は「getty images」より

 2019年、日本では幸いにも大きな被害をもたらす地震は発生しなかった。しかし、2020年も同じとは限らない。というのも、以下に示すように、南海トラフ巨大地震を含めた巨大地震が発生しそうなさまざまな条件が揃っているからだ。それらの要素を一つずつ解説する。

■エルニーニョ現象の翌年

【年始警告】2020年に巨大地震が多発する7つの理由! 「起きるとしか思えない」マジ危機的状況、東京五輪中止を覚悟せよ!の画像2
直近の強いエルニーニョの観測された1997年12月の海面温度。 画像は「Wikipedia」より引用

 赤道周辺の太平洋で海面水温が平年よりも高くなる「エルニーニョ」現象は、直近では2018年11月に発生し、今夏(6月)に終息した。過去の記事で書いたように、エルニーニョ発生中から終息の1年後くらいにかけて、日本付近でも南海トラフ巨大地震を含めた海溝型の大地震が多く起きているという事実がある。16世紀以降に日本を襲った巨大地震(M8.0以上)について、発生のタイミングで分類してみると、以下の内訳になる。

・ エルニーニョ発生中: 9回
・ エルニーニョ終息直後~翌年: 6回
・ その他: 3回
合計: 18回

 このように、M8超の巨大地震は、8割方がエルニーニョ発生から終息の翌年までの期間に起きているという著しい傾向が見られる。以上のことから、エルニーニョ終息の1年後である2020年の夏(6月頃)までは、日本で大地震が起こりやすいといえる。

■カリフォルニア地震 → 日本連鎖 → 2020年1月頃まで

【年始警告】2020年に巨大地震が多発する7つの理由! 「起きるとしか思えない」マジ危機的状況、東京五輪中止を覚悟せよ!の画像3
画像は「Wikipedia」より引用

 次に、昨年7月に米国カリフォルニア州で発生した地震について紹介する。7月4日、ロサンゼルスの北方約240kmに位置するリッジクレストの北北東約17kmの地点で、M6.4の地震が発生した。翌5日には、ほぼ同じ地点を震源とするM7.1の地震も発生したが、これは過去20年間で最大規模の地震となった。

 過去の記事で紹介したように、カリフォルニアやメキシコなど中米で大きな地震が起こると、その約半年以内に日本でも被害地震を含む大地震が起こりやすい傾向にある。直近の例を示すと、2004年9月28日のパークフィールド地震(Mw6.0)発生の約1カ月後となる10月23日、新潟県中越地震(M6.8)が発生し、48人の死者が出た。

 このように、リンブ・オブ・ファイア上でほぼ同緯度に位置するカリフォルニアで地震が起きると、日本付近で地震の連鎖が生じることがあるため、2020年夏頃までは日本でも大きめの地震が起きやすいことになる。

コメント

5:匿名 2020年1月7日 20:58 | 返信

百々より大専門家の村井l教授は北海道が危険と予測してるんだが、
バカの一つ覚えよろしく南海トラフ地震が今年起こると毎年記事書いてるモモって真正バ〇なの?

4:匿名 2020年1月7日 12:23 | 返信

毎年同じような兆候が~って喚いてるキチガイいるけど
今まで何年、同じこと言い続けて外してきてんだよw
同じような兆候が~
観測データが~
はっきり言ってやるけど
お前の言ってる証明とやらは何の根拠にもならないゴミだよw

3:匿名 2020年1月7日 06:35 | 返信

百瀬氏が叫ばなくても東京五輪はほぼ中止になるでしょう。
地殻変動は異常の極みで、GPSの観測データ等の異常がそれを証明している。
2,019年10月から11月にかけても再び青ヶ島の異常な隆起が観測されちょうど東日本大震災時と同じような兆候が出始めてきた。
東京五輪が中止にならなくても、その先にスーパー地震の洗礼を受けて東京とその周辺は没落消滅すると思うね。
特に、千葉県は沈没するという話もあるようだし近い将来関東周辺はそのような風景になるでしょう。

2:匿名 2020年1月7日 05:11 | 返信

へー (´・ω・`)

1:匿名 2020年1月6日 16:30 | 返信

飽きたよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。