右頬が裂けた少女が…!コックリさんよりも怖い「キューピットさま」で本当にあった怖い話! 川奈まり子の怪談「降霊」

右頬が裂けた少女が…!コックリさんよりも怖い「キューピットさま」で本当にあった怖い話! 川奈まり子の怪談「降霊」の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 教室の真ん中で机を囲み、ハートと矢、「あ」から「ん」までの平仮名、「0」から「9」までの数字、それから「YES」と「NO」を白い紙に記して、3人で1本の鉛筆にそれぞれの人差し指を絡めたら準備完了だ。

「キューピットさま、キューピットさま、おいでください。いらっしゃいましたら、ハートの中に大きな輪を描いてください」

 ……と、唱えたのは多恵さんの親友、マキコちゃんだった。

 今日という日にキューピットさまをすることにしたのは、そもそも、マキコちゃん、ミサキちゃん、多恵さんの3人がゴミ捨て当番になっていたので、誰からも理由を詮索されずに教室に残ることが出来たからだった。

 本当は、もう1人、ゴミ捨て当番の男子がいたけれど、多恵さんたちが「私たちがやるから帰っていいよ」と言ったら、喜んで教室を飛び出していった。

 うまくいった。3人だけでキューピットさまをやりたいと思っていたのだ。

 マキコちゃんがお定まりのセリフを唱えると、少しも待たずに、鉛筆が滑らかに輪を描いた。キューピットさまが降霊した証だ。さっそく、まずは、それぞれが片想いしている男子の気持ちについて、マキコちゃん、ミサキちゃん、多恵さんの順で質問した。

 恋愛相談に次いで、しばらくは、未来の託宣をありがたく伺った。

 好きなアイドルのコンサートの抽選チケットがあたるか否か。どの中学へ進学することになるのか。将来は何になるのか……。

 思いつく限りを順々に質問していったが、30分もすると、訊くことがなくなってしまった。

「もうやめる? どうする?」

 3人は鉛筆に指を絡めたまま、紙に描いたハートの上に顔を寄せ合い、ヒソヒソと相談した。

「そういえば、キューピットさまって誰なんだろうね?」

「お稲荷さんじゃないの?」

「それはコックリさんでしょう?」

「おねえちゃんが、コックリさんなんかで降りてくるのは低級霊だって言ってたよ」

「テイキュウレイって何?」

 そんな会話を、なぜか声を低めて交わしているうち、誰からともなく、「じゃあ、直接、訊いてみよう」ということになった。

「キューピットさまは、女ですか、男ですか? 女だったらYESにお進みください」

 マキコちゃんがこう訊ねたところ、鉛筆がするすると動いて、「お」「ん」「な」と、次々に文字を指したのである。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

4:トランプ大統領 2020年1月5日 01:49 | 返信

>> 3

お前は馬鹿か?飛ばした十円玉を確認もせずに放置して、見つかるわけ無いだろう!分かっているとしても、1日放置していたんだろう?誰かが盗んでいるとしか思えんよな?普通は!そこが、どのような場所だが文章で説明し難いから、分からんが、単に見つからないだけかも知れんし、誰が見てもお前の頭は致命的な欠陥があるとしか思えん。気は確かなのかと疑う。なんだ?コックリさんってのは?聞いた事はあるがσ(゚∀゚ )オレの敵では無い!そんな奴が居たらぶっ殺してやるから、安心しろ!σ(゚∀゚ )オレにはそんな下らん呪いなど通用せん!何故ならばσ(゚∀゚ )オレ自身が死神であり、死の王であるからだ!記事にある様な、死ねなんて言う奴はチョンだから、お前もコックリさんに取り憑かれて頭が悪くなっているとしてσ(゚∀゚ )オレは思えん。σ(゚∀゚ )オレもアメリカの大統領を化身としている事や稲荷神社の近くに住んでいる事でフォックスを使う事が出来るので、チョンの野郎のお稲荷さんを破壊してσ(゚∀゚ )オレのキツネに変換してやる!世話焼きキツネの仙狐さんならば、もふもふなので安全である。唯一神又吉イエスにはチョンのコックリさんなど通用せんぞ!破壊術式で霊体をブラックホールに閉じ込めて分解してやる!

3:男性 2020年1月4日 23:35 | 返信

実話です。
コックリさんでトラブルが発生した話
中1の時、昼休みにクラスの女子3人、わりと活発な3人組で占いの本とか持ってきたり、タロット占いをやってたりしていた。
中学1年で1階の教室。その日は陽気の女子3人組は窓側の席でコックリさんをやっていた。
他の男子と女子は、陽気な女子3人組がコックリさんをやっていてもあまり気にせず、その場で雑談したり、遠巻きに見ている感じだった。
そのうち陽気な女子3人組が困っている感じの口調になった
「コックリさんが帰ってくれない」「どうしよう」
「コックリさんお帰り下さい」、、、No
こんなかんじの会話にクラス男子女子全員が注目。
周囲の男子女子は的確なアドバイスが出来ない為に、ただただ見ているだけ。
占いが好きな女子が何となくアドバイスして試すが、コックリさんは帰る事を拒否した
あと数分で昼休みが終わる時間になり、女子3人組は焦ってきた
陽気な女子3人組のリーダーの子が「コックリさん、お帰り下さい。十円玉差し上げます」と言い放ち、人差し指の先の十円玉を窓の外に弾いて飛ばした。
十円玉は窓の外のコンクリートの部分に落ちたのか「キン」という金属を立てた。
廊下に近い位置にいた男子が「先生がきたぞ」、男女全員急いで着席し授業が始まる。
翌朝、男子の一人が十円玉を捜してみたが十円玉は見つからなかった。
これは、実際に起きた内容です。

2:匿名 2020年1月4日 21:32 | 返信

1
それ見た。同番組の何も食べずに生きる人たちの特集も面白かった。

1:匿名 2020年1月4日 20:02 | 返信

中坊の頃にキューピットさんを頻繁にやってたが、
別に何も不吉な事は起きなかったな~
そう言えばTV「特命リサーチ200X」のコックリさん編で自然に指が動く源因を科学的に解明してたわ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。