73年間一度も病気にならない「完璧に健康な男」、がん細胞が存在できなくなる方法を語る!

73年間一度も病気にならない「完璧に健康な男」、がん細胞が存在できなくなる方法を語る!の画像1
チョプラ氏。画像は「The New Yorker」より


 マイケル・ジャクソンなど超セレブのスピリチュアル・アドバイザーも務めていた医師のディーパック・チョプラ氏は、73年間の人生で一度も病気にかかったことがないという。その健康の秘密を「The New Yorker」(2019年10月17日付)に語った。

 チョプラ氏はまず「根源的なホメオスタシス(恒常性)」の重要性を指摘する。著書『クォンタム・ヒーリング―心身医学の最前線を探る』(春秋社)では、患者の意識レベルが上がることで、がんが自然治癒した例を挙げているが、それは自己抑制と死も含む恐怖の完全な欠如状態、つまり根源的なホメオスタシスのためだという。意識が自身の身体を超えて、全てのものが私自身だという気づきを得ることで、心―体という二元論を超越し、がん細胞が存在できなくなるそうだ。

 だとしたら瞑想して自己超越すれば全ての薬は不要になるが、チョプラ氏は薬もまた重要だと語っている。

「薬は急性の病気には非常に有効です。あなたが肺炎に罹っているなら、抗生物質で治すことをすすめます。がんの治療にも化学療法、放射線治療、基幹細胞療法、免疫療法などさまざまな選択肢がありますが、良質な睡眠、瞑想、ストレスマネージメント、気づき、健康な感情、良い食事によって自身のマイクロバイオーム(細菌叢)の活動を変えなければ、手遅れになってしまいます」(チョプラ氏)

73年間一度も病気にならない「完璧に健康な男」、がん細胞が存在できなくなる方法を語る!の画像2
チョプラ氏とダライ・ラマ方法。画像は「Deepak Chopra.com」より


 また、著書『パーフェクト・ヘルス』(きこ書房)では、誰もが病気のない場所というものを持っていると指摘している。その(精神的な)場所では痛みを感じず、年を取ることも死ぬこともないそうだ。この場所をチョプラ氏はパーフェクト・ヘルスと呼んでいる。この場所に居続けることができれば、薬は不要とのことだ。

自分で薬を使ったことはありません。私は73歳ですが、入院したことも手術を受けたこともありません。風邪をひいた記憶もありませんね」(チョプラ氏)

 実のところ適切に生まれた人間は皆パーフェクト・ヘルスの状態にあるが、環境汚染などにより食物連鎖の中に蓄積された有毒物質を摂取することで、健康を害するようになるため、今後も薬は必要になるという。

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

コメント

1:トランプ大統領 2020年2月2日 11:56 | 返信

σ(゚∀゚ )オレは人間では無いから、参考にもならんが、人間はチョンに操られているバイオロボットなので、強制的に癌にされて殺される場合がある。現在放映中のAI崩壊のような感じで殺される人は殺されている。人間選別ではなく、チョンが勝手に作ってやっている宗教のストーリーに沿って死んでいる。そもそも、バイオロボットであるからして癌になりやすいのだと思うし、普通の癌の場合は医療に掛かり過ぎたり、電子機器や日光などの放射線を浴びすぎたり、変なもの食いすぎて病気になるんじゃないのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。