市販されている3つの薬で「時間を止める」ことができる! 10人が1年間飲み続けた結果…究極の若返り!?

 “超高齢化社会”に突入してしまった今日、“若さ”はますます重要視されていて、ある程度の年齢になると誰しも若さを取り戻したいと思うもの。では、はたして夢の“若返り薬”はあるのだろうか。実は最近の研究で若返り効果のある市販薬が特定されているのだ。

 

■年齢を“巻き戻す”市販の若返り薬とは

 誰もが等しく年を重ねていくのだが、見た目は人それぞれだ。専門家の間では、暦の上の年齢(chronological age)と生物学的年齢(biological age)は違うものとして認識すべきであると指摘されている。そして場合によっては暦の上の年齢を“巻き戻す”ことも可能であるというから驚く。つまり実際に“若返る”ことができるというのだ。

市販されている3つの薬で「時間を止める」ことができる! 10人が1年間飲み続けた結果…究極の若返り!?の画像1
「Inverse」の記事より

 生物学的な年齢を決めるファクターは何なのか。それはDNAメチル化(DNA methylation)であるという。暦の上の年齢はいったん度外視して、DNAメチル化を調べることで細胞年齢、つまり生物学的年齢を特定することができるといわれている。実年齢よりも見た目が若々しいという人はDNAメチル化の進行が遅いと説明できるのである。

 そして加齢を遅らせるどころが“巻き戻す”ことも可能であることが最近の研究で報告されている。市販の薬を3種類、1年間飲み続けることでなんと2歳半もの若返り効果が得られるというのだ。

 米・ロサンゼルスのアンチエイジング医療研究機関「Intervene Immune」の最高科学責任者グレッグ・フェイ氏をはじめとする研究チームが、2019年9月に「Aging Cell」で発表した研究では、遺伝子組換えヒト成長ホルモン(Recombinant Human Growth Hormone、rhGH)に生物学的年齢を若返らせる働きがあることを報告している。

 研究者チームは、このrhGHを注射すると免疫系が増強されることが示された1986年の研究から、rhGHが胸腺(thymus)に与える影響に着目した。胸腺は胸腔に存在し、病原体を攻撃できるT細胞の分化、成熟など免疫系に関与する一次リンパ器官で、白血球をT細胞に変換するなど免疫システムに重要な役割を果たしている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ