市販されている3つの薬で「時間を止める」ことができる! 10人が1年間飲み続けた結果…究極の若返り!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 “超高齢化社会”に突入してしまった今日、“若さ”はますます重要視されていて、ある程度の年齢になると誰しも若さを取り戻したいと思うもの。では、はたして夢の“若返り薬”はあるのだろうか。実は最近の研究で若返り効果のある市販薬が特定されているのだ。

 

■年齢を“巻き戻す”市販の若返り薬とは

 誰もが等しく年を重ねていくのだが、見た目は人それぞれだ。専門家の間では、暦の上の年齢(chronological age)と生物学的年齢(biological age)は違うものとして認識すべきであると指摘されている。そして場合によっては暦の上の年齢を“巻き戻す”ことも可能であるというから驚く。つまり実際に“若返る”ことができるというのだ。

「Inverse」の記事より

 生物学的な年齢を決めるファクターは何なのか。それはDNAメチル化(DNA methylation)であるという。暦の上の年齢はいったん度外視して、DNAメチル化を調べることで細胞年齢、つまり生物学的年齢を特定することができるといわれている。実年齢よりも見た目が若々しいという人はDNAメチル化の進行が遅いと説明できるのである。

 そして加齢を遅らせるどころが“巻き戻す”ことも可能であることが最近の研究で報告されている。市販の薬を3種類、1年間飲み続けることでなんと2歳半もの若返り効果が得られるというのだ。

 米・ロサンゼルスのアンチエイジング医療研究機関「Intervene Immune」の最高科学責任者グレッグ・フェイ氏をはじめとする研究チームが、2019年9月に「Aging Cell」で発表した研究では、遺伝子組換えヒト成長ホルモン(Recombinant Human Growth Hormone、rhGH)に生物学的年齢を若返らせる働きがあることを報告している。

 研究者チームは、このrhGHを注射すると免疫系が増強されることが示された1986年の研究から、rhGHが胸腺(thymus)に与える影響に着目した。胸腺は胸腔に存在し、病原体を攻撃できるT細胞の分化、成熟など免疫系に関与する一次リンパ器官で、白血球をT細胞に変換するなど免疫システムに重要な役割を果たしている。

コメント

4:匿名 2019年12月27日 15:28 | 返信

前に薬剤性肝炎になった事あるから医薬品がトラウマ

3:トランプ大統領 2019年12月22日 22:15 | 返信

要するに免疫力を付ければ良いのか?
私は人間の放つチョン菌に感染し、今、免疫力が必要な時である。他の方法でも免疫力を付ければ、同じ効果が得られるのではないか?その胸腺に脂肪が付くというのは油分の取り過ぎか?ジャンクフードを食い過ぎてそうなるのではないのか?脂肪を取り除くには、やはりヴィーガンの様に野菜を食うしか無いのではないのか?ヴィーガンはもっと健康的になるべく、無菌室で野菜を育てて、栄養価や抗酸化力の高い野菜だけを食うしか無い!そして、この世を野菜で覆い尽くす事によって新薬が開発されて免疫力が更に高まるであろう!私は野菜とキノコの使い手である。必ずや、野菜とキノコでの世界支配を達成してみせよう!

2:匿名 2019年12月22日 19:24 | 返信

↓嘘だから信用するな
もし本当なら世界中の金持ち中の金持ちがこぞって買うことだろう、世界の誰よりも長生きしたいのだから

1:匿名 2019年12月22日 12:24 | 返信

日本じゃどこで買えるんだ
ここでアナル痔瘻先生あたりが吠えてこないのか
実際に処方されるためには糖尿病にかかる事が
必須となり若返りはするがなんたらかんたらと
ウンチクたれてこないのか
そんでどこの病院いって何言ったら処方してもらえんだ
しんじ、そこまでセットで記事書くんだぞ
馬鹿な読者だからどうしたら処方してもらえるのか
わからないんだぞ
処方してもらおうと考える程馬鹿なんだぞ
この記事片手に病院いってこの薬下さいって
言っても診察室で笑われるだけだ
馬鹿だけどそこは恥ずかしいんだからな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。