【ガチ】大富豪たちの「究極アンチエイジング法」5選がヤバい! 若い血の輸血、アポカリプス保険、肉体脱出… 死も平等ではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 富と名誉がいくらあろうとも死んでしまえば、全てが無に帰してしまう。古代ローマでは、凱旋パレード中に使用人が将軍の耳元で「メメント・モリ(死を忘れるな)」と囁き、盛者必衰を戒めていたと言われている。死は誰にでも等しくやってくるものだが、科学技術が革命的に進歩した現代に生きる富豪にとって永遠の命は、もはや夢物語ではなくなってきているようだ。

 英紙「The Sun」(6月2日付)が、超有名実業家らが追い求めている究極のアンチエイジング法を5つ紹介している。

■加齢の治療

【ガチ】大富豪たちの「究極アンチエイジング法」5選がヤバい! 若い血の輸血、アポカリプス保険、肉体脱出… 死も平等ではない!の画像1
ジェフ・ベゾス氏。画像は「The Sun」より引用

 世界一の大富豪であるアマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は、加齢のプロセスを止める研究に人並みならぬ関心を示し、同研究を行っているカリフォルニア州の企業「Unity」に1億1600万ドル(約125億円)も投資しているそうだ。世界一の大富豪だからこそ、老化、そしてその先にある死に敏感なのかもしれない。

 また、世界的な決済サービス「PayPal」の創業者であるピーター・ティール氏は、加齢によってガンの発症率が上がることを指摘し、ガン治療のためのアンチエイジングの必要性を訴えている。

「多くの病気が加齢と関連しています。30歳を超えるとガンの発症率は1000分の1です。ところが80歳を超えると、10分の1になります。ですから、加齢を治療することができれば、同時にガンも治療することができるようになるのです」(ティール氏)

コメント

9:匿名 2019年6月5日 11:31 | 返信

>> 8

マジ怖すぎ!!
自分で検索するのに恐怖を感じたため他者様の力を借りました。
申し訳ございませんでした!!m(_ _)m

つまりはイ○リス王室も天○家も種類こそ違えど『人間ではなかった』ということですね?
昔日本の戦時中は天○が通られるときは頭も上げてはならなかったと言われていますが、ようするにあれは我々人間とは違い『人間より位の高い者』が通られるから頭を上げることすら恐れ多いと、
以前若い頃聞いたときは大げさな話だと思って聞いていましたが、、
この話がもし本当なら決して大げさではありませんね!!

8:匿名 2019年6月5日 11:00 | 返信

>> 7

早い話が、欧米はアトランティスを陥れたレプタリアンが統治し王族、貴族はその血族。血が濃ければ濃いほどシェイプシフト(変身)が可能。生血を飲むのは人間の姿形の維持とアドレナリン摂取の為。血が薄い血族は霊的な憑依支配のみで姿形は変わらない、が同様に生き血を飲むし時に輸血する。ただ、輸血の際、RH-の血が希少なので専用に飼われた子供の血を使うと考えられる。
貴族の中に青い血の血族が存在するが、ヘモグロビンが鉄ではなく銅が成分であるため青い。この青い血は冷血そのもので同情という概念が無く非情そのものらしい。
  
日本はムーのドラコニアン系譜。波動の高い「愛情」があったため、人間を教え導き解脱の指導までしていた節がある。社会が制度化されていくに従い天皇制度を作った。内容が突拍子もないため正史扱いされていないが「先代旧事本紀大成経」には歴代の天皇の姿形の特徴が記されているが、その特徴はドラコニアンである。例えば出羽三山の開祖で聖徳太子の従兄であった蜂子皇子の肖像画を検索して欲しい、人間に見えるだろうか?
 
もちろん血統は大事。ダイアナが王室に入れたのは血が合致するから。ただそれだけの理由。
 
長々と失礼。

7:匿名 2019年6月4日 22:51 | 返信

5
あまり認めたくはないが、以前からオカルト界隈ではささやかれていることだけど、
イ○リス王室の人たちと日本の天○家の人たちってやっぱり『同じ種類』の人たちなのかな?
だからこそ、いつもいつもやたらと『血に』つまりは『血統』にこだわるのはつまりそういうこと?
その血を薄めてはいけないから?
同じ種類であれば『人たち』という言い方はおかしいのかもしれんが。

6:匿名 2019年6月4日 22:12 | 返信

5
そうなのか?俺もまだ勉強不足だな。
輸血をしても無事だなんて、たぶん、というかやっぱりというか『彼ら』はやはり人間ではないなwww
(気持ち悪くて認めたくないwww)
アイクの書籍なんか読まなきゃ一生知らなかったのにな。

5:匿名 2019年6月4日 16:55 | 返信

子供の血には、細胞を活性化させるエネルギーで満ちているみたいだよ。

もちろん悪魔崇拝者は生き血を飲むが輸血もすると聞いている。もちろん子供は死ぬが、儀式ではどうせ殺される。どう使われるか、使われ方だな。
 
ブルーブラッドは輸血できない。輸血するのは人間との血縁が濃い混血。
 

4:トランプ大統領 2019年6月4日 15:55 | 返信

>> 2

血抜いて筋トレでもやろうかと思って献血に行ったら、顔にニキビ潰したキズが一箇所、有っただけで断られたので恐らく同じ人間ではなかったから、チョンに排除されたのかも知れんが、もし良かったら私の血を分けてあげよう!
輸血した瞬間、多分死ぬかもしれないが気にするな。

3:匿名 2019年6月4日 12:11 | 返信

2
彼らは輸血というよりは『瀉血』を行っていると噂で聞きました。
『カントンの犬』などで検索。
輸血は逆に病気になるのでやりません。臓器移植とほぼ同じなため人体にかなりの負担がかかる。
エ○バの証人は現役もOBも含めて全員カスだが、血に関することのみ実は正しかった。
若い血が欲しいというのは彼らのやってる『血を飲む儀式』のことではないでしょうか?

2:匿名 2019年6月4日 11:48 | 返信

若い血の輸血?もうやってるさ。そのための誘…おっとっと。
 
各国王族が高齢でピンピンしてるでしょ、エ〇ザベスさんとかね。
 
日本でも中曽根さんが101歳ですかぁ、、ジャニーズとべったりなのは偶然じゃないですよww

1:匿名 2019年6月4日 10:26 | 返信

意味不明。
きっと不老不死を求めた古代の王や皇帝たちと同レベルなんだろうね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。