聖書予言「キリスト再臨」は“エイリアン地球侵略”の意味だった! 2021年から携挙(連れ去り)多発で人類滅亡、有名牧師が断言!

 近々訪れるとされている“キリストの再臨”は実はエイリアンの地球侵略だった――。“聖書予言”の新たな解釈が話題を呼んでいる。

■黙示録イベント“携挙”は2021年に起こる

 いわゆる“キリスト教原理主義”の人々がきわめて近い将来にやってくると信じている“キリストの再臨”は、どうやらますます近づいているようだ。

 2016年に逝去したアメリカのプロテスタント教会の牧師であり神学者であったケントン・ビショア氏の“聖書予言”は一昨年のトカナの記事でも紹介した。それによれば2021年以降に中東発の世界大戦が起こり“この世の終わり”がはじまり、大患難時代の最終局面の2028年に“キリストの再臨”が成就するという。

聖書予言「キリスト再臨」はエイリアン地球侵略の意味だった! 2021年から携挙(連れ去り)多発で人類滅亡、有名牧師が断言!の画像1
「IBTimes」の記事より

 故ビショア氏が長らく代表を務めていた世界聖書協会(World Bible Society)の公式の見解でも、イエス・キリストは黙示録イベント直後に地球に再臨することが述べられている。そしてさまざまな“聖書予言”を分析した後、現在の世界で天から聞こえてくる神秘的な“ラッパ音”が、この世の終末が差し迫っていることを示していると説明している。

 オーストラリアの森林火災や北極域と南極の凍土の溶解、バッタの大量発生や感染症パンデミックなどの地球上のあらゆる場所で起こっている自然災害の増加は、人類社会が終末を迎えていることの兆候であるというのである。

 そしてここに新たな解釈が加わった。実はこの“キリストの再臨”の実態はエイリアンによる地球侵略であるというのだ。

聖書予言「キリスト再臨」はエイリアン地球侵略の意味だった! 2021年から携挙(連れ去り)多発で人類滅亡、有名牧師が断言!の画像2
画像は「YouTube」より

 聖書では“この世の終わり”のプロセスがはじまる直前にキリストが天に現れ、敬虔なキリスト教信者たちを空中に引き上げていったん天国へと連れていくイベントである「携挙(Rapture)」が起こると信じられているのだが、ビショア牧師によればこの携挙が起こるのが2021年であるという。しかしこの携挙はキリストによって行われるのではなく、実は地球侵略を画策するエイリアンの手によるものであるということだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ