神々の最終結論「新型コロナまだまだ拡大、オリンピックどころではない!」神社の粥占予言・2020年版!

神々の最終結論「新型コロナまだまだ拡大、オリンピックどころではない!」神社の粥占予言・2020年版!の画像1

 毎年恒例、各地の神社で行われる「粥占(かゆうら)」の結果が今年も出揃った。粥占とは各種の穀物で粥を炊き、その煮え具合で農作物や世相の吉凶を占う伝統的神事のこと。2011年、最も知られる諏訪大社の「筒粥神事」で“三行半”の凶相が示されたが、その直後に東日本大震災が発生するなど、好ましくない結果の年には水害や大地震などの自然災害が連発している。古来より受け継がれてきた神事でことごとく予言が的中するという驚くべき現象が起きているわけだが、これはやはり、日本を庇護する神々から発せられる警告と受け止めるべきだろう。

 さて、日本でオリンピックが開催される歴史的1年となる(はずの)2020年だが、粥占の結果は第一弾として1月に報告した。その後、2月上旬~3月中旬にかけて九州の神社でも粥占が行われたため、それらの結果を第二弾として紹介したい。

■驚異の的中率を誇る粥占

 前述のように過去における粥占の的中例は枚挙にいとまがなく、昨年は総じて“地震・水害ラッシュ”が強く懸念される結果となったが、実際に台風をはじめとする水害が相次ぎ、ことごとく神々の警告通りの事態となってしまった。

 関東から西日本の本土にかけて1月15日頃に行われることが多い粥占だが、九州の神社では主に3月15日頃に実施される。(九州の神社で行われた粥占の)顕著な的中事例として、近年では2016年3月15日の千栗(ちりく)八幡宮(佐賀県三養基郡みやき町)の「御粥試(おかゆだめし)」で、地震について『見ゆ』(兆しが見られる)との結果になると、ちょうど1カ月後となる4月16日に熊本地震(M7.3)が起き、歴史的被害をもたらしている。

■2020年版「粥占」、第2弾の結果まとめ

 では、粥占2020の第2弾として、九州にある由緒正しい4つの神社の結果を以下にまとめる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ