【緊急】第二のコロナか!? 香港で「謎の肝炎」が流行の兆し…ネズミにだけ感染するはずのウイルスが人間にも飛び移る!!

 それはカナダ人の男性でアフリカへの渡航歴があったという。この男性は、蕁麻疹、吐き気、重度の黄疸といった症状を呈し、肝臓に炎症が起こっていた。そのため、スリダー博士はラットHEVのヒトへの感染は世界的に起こっているが見逃されていると考えているという。

「ラットHEVはニューヨークやパリの人々に感染している可能性がありますが、私たちはそれを知らないだけかもしれません。テストをしていないから分からないのです。私の感覚では、これは長い間続いています。2018年の感染例は間違いなく世界で初めてのことではありません」(スリダー博士)

画像は「CNN」より

 ラットHEVに感染しても若くて健康な人なら自力で回復できるか、もしくは無症状とのことだが、免疫力の弱っている人には深刻な健康被害になる恐れがあるという。肝臓に長期的な損傷を与え、慢性肝炎を引き起こすかもしれないとのことだ。

 今年3月、ハンタウイルスに感染した中国南西部雲南省臨滄市の男性が移動中のバスの中で急死する出来事が起こっているが、このウイルスもネズミからヒトに感染することが知られており、致死率は50%とも言われている恐ろしいウイルスだ。現在のところヒトからヒトへの感染は一部を除いて確認されていないものの、ラットHEVがヒトへの感染力を持ったように、いつ突然変異が起こるかも分からない。

 新型コロナウイルスの脅威が去っても気を抜くことはできないのである。むしろ今後のパンデミックの脅威に備えて、世界的な公衆衛生の向上と透明な情報共有がこれまで以上に必要になってくることだろう。

 

参考:「CNN」、ほか

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ