クシュナーが「666ビル」を一族の財産を削り、中国に身売りしてまでも維持したがった理由とは? 獣の数字に異常執着

画像は「Express」より

 ドナルド・トランプ米大統領の娘婿であり、大統領上級顧問という役職にありながら、存在感の希薄なジャレッド・クシュナー。彼は一体何者なのか?

 クシュナーの本業は不動産開発企業クシュナー・カンパニーズの経営だ。創業者である父が2004年に脱税などで2年間の実刑判決を受けたことで、当時25歳だったクシュナーが経営を引き継いだ。敏腕で鳴らしたが、2006年のある“買い物”が原因で会社を倒産の危機に陥れてしまう。

 2006年にマンハッタン5番街666番地の41階建て高層ビル「666フィフスアベニュー」、通称“666ビル”を18億ドルで購入したのだ。これは単一のビル購入としては米国史上最高額である。当時、不動産価格が高騰している中、かなり思い切った買い物だった。

 ところで、この666という数字。トカナ読者には馴染み深い数字だろう。そう、悪魔の数字とも獣の数字とも言われる、アンチキリストを意味する数字なのだ。実はクシュナーは、正統派ユダヤ教のユダヤ人であり、英紙「Express」(2019年12月19日付)は悪魔崇拝者だと指摘している。

 ジェフリー・エプスタインの事件に代表されるように、世界のグローバルエリートたちが、ペイガニズム信仰者、つまりアンチキリストであることは某国諜報機関関係者でトカナ寄稿者のジェームズ斉藤氏も指摘している通りだ。並外れた“大金持ち”であるクシュナーも、悪魔崇拝グループを通して華麗な人脈を築いていったことは間違いないだろう。

 それにしても、わざわざ666ビルを購入する自己顕示欲は異常だ。大金をつぎ込みこのビルを購入したのは、若くして大企業の経営を任されたクシュナーが、その力を周囲のグローバルエリートたちに見せつけるためだったのかもしれない。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

クシュナーが「666ビル」を一族の財産を削り、中国に身売りしてまでも維持したがった理由とは? 獣の数字に異常執着のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル