「ファック」と言いまくると鎮痛効果があると判明!「くそ!死ね!」も有効、学者「悪態は素晴らしい」

関連キーワード:

,

,

,

 

 2つ目は、悪態をついた後に、ストレスが高まった後に起こる脳の休息と弛緩反応が誘発されるというものだ。ただ、この2つの仮説が協同して作用している可能性もあり、実態解明は今後の研究課題だという。

 強い罵り言葉に鎮痛作用があることは確かであるが、もちろんその言葉はfuckに限らない。日本語の環境の中で育ってきた日本人にはfuckの鎮痛作用は期待できないだろう。ロバートソン氏によると、それぞれの個人が属する文化的環境で最も強くタブー視されている言葉が最も効果的とのことだ。多くの日本人にとっては、「くそ!」、「死ね!」などがそれにあたるだろう。ロバートソン氏は、過去に日本語でも同様の実験を行なっており、その時は「くそ!」と言った被験者は比較群に比べて44%〜75%長く氷水の中に手を浸していられたそうだ。

 なかなか人前で言うことがはばかられる罵り言葉だが、有益な効果も期待できる。ロバートソン氏は「悪態をつくことは間違いなく良いことだ」と断言しているほどだ。時と場所さえ選べば、有効に使ってみるのが良いだろう。

 

参考:「CBC Radio」、「Keele University」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ