5G電波塔の破壊攻撃がニュージーランドで連発! コロナや癌との関連懸念、世界で激増する5G脅威派、知らないのは日本人だけ!

 トカナでは以前、英国で起きている電波塔(スモールセル)への放火について報じたが、ここ数週間、ニュージーランドでも5G電波塔への放火が続いている。

 

■ニュージーランドで5G電波塔への放火が続く

 5月18日時点で、ニュージーランド最大の都市オークランド、首都ウェリントン、北端に位置するノースランド地方で17の中継塔(セルタワー)が攻撃され、数千万円の損害をもたらした。警察は、電波塔への放火ですでに一人を逮捕し、通信会社は、中継塔周辺のセキュリティ強化を検討しているという。

 当局は、この攻撃を、5Gネットワークとコロナウイルスのパンデミック、そしてがんを結びつけた陰謀説に関係していると考えている。ニュージーランドは、3月26日に、世界でも極めて厳しいロックダウンを開始したため、陰謀説がより拡散された可能性があるという。

5G電波塔の破壊攻撃がニュージーランドで連発! コロナや癌との関連懸念、世界で激増する5G脅威派、知らないのは日本人だけ!の画像1
ニュージーランドで放火された基地局 「Radio New Zealand」の記事より

 ニュージーランドの電気通信部門は、放火で地域の携帯電話の受信が切断されることによって、緊急サービスに問題を引き起こす可能性があると指摘した上で、放火犯が人々の生命を危険にさらしていると厳しく非難した。

 一連の放火について、ニュージーランドの最大電信プロバイダー3社も、共同声明を発表した。

 ボーダフォンのNZインフラ担当ディレクターのトニー・ベアード氏は、この卑怯な攻撃は、「ニュージーランド人、特に農村部や遠隔地の人々の生活に、悪影響を与える可能性がある」と語った。ベアード氏はまた、これまでのところ接続を維持することができたが、攻撃のたびに悪影響が累積しているとも指摘している。

 スパーク(旧テレコム)・ニュージーランドのテクノロジー・ディレクターであるマーク・ビーダー氏も、この攻撃は緊急サービスへのアクセスを脅かす可能性があり、疑わしい行動を見た人は、当局に連絡するよう促した。

5G電波塔の破壊攻撃がニュージーランドで連発! コロナや癌との関連懸念、世界で激増する5G脅威派、知らないのは日本人だけ!の画像2
「Radio New Zealand」の記事より

 アンドリュー・コスター警察長官は、「中継塔に放火した人物は、誰であれ非常に厳しく対処されるだろう」と述べている。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ