「スピリチュアルに関する6つの結論」を米国の博士が発表! 超能力、無意識…カリフォルニア大教授も太鼓判!

画像は「Collective Evolution」より


 いわゆる超能力を科学的に研究する超心理学という分野がある。その正当性を巡って今も論争が絶えないが、過去100年の研究から超心理学に関して6つの“事実”が明らかになっているという。

 オルタナティブニュース「Collective Evolution」(7月8日付)が、米・純粋知性学研究所(Institute of Noetic Science)の主任研究者であるディーン・ラディン博士の著書『Real Magic』から、それら6つの結論を要約して紹介している。

1、      人々は、空間・時間といった日常的制限に縛られず、普通の感覚を使わずに、情報を得る能力を持っている。

2、      超能力は一般の人も持っている。極めて強い超能力はまれであるが、これまでの実験で、自覚・無自覚問わず、ほとんどの人がいくつかの超能力を持つことが分かっている。

3、      超能力は無意識から発生する。生理学的測定や、暗黙の無意識反応を見ることで、無意識下の効果を検知できる。

4、      超能力の効果は、瞑想中や夢を見ているとき、あるいは幻覚剤の影響下にあるときなど、通常の意識状態ではない時に強くなる。

5、      人々は物理的世界に精神的に影響を与えることができるが、それは既知の物理学的力を介してではない。

6、      人々は非物理的な存在から情報を得ることができる。

ジェシカ・ユッツ博士。画像は「Home Page for Professor Jessica Utts」より

 以上のことから、超能力と言われているものは実は極めて一般的な能力だということが分かる。ただ、そのメカニズムはまだ未解明なままのようだ。

 だが、こうした結論そのものの正当性を疑う人もいるだろう。そもそも超心理学はきちんと科学のルールに則った学問なのか、と。

 こうした疑問に対して、かつて遠隔透視能力などの調査が行われたスタンフォード研究所(SRI)内の「スターゲイト計画」で80年代に統計分析を担当し、2016年まで米カリフォルニア大学アーバイン校統計学科長を務め、現在も同校の教授であるジェシカ・ユッツ博士は、YouTubeチャンネル「Beach TV CSULB」のインタビューでこう答えている。(ユッツ博士のCV

「超心理学の分野で仕事をしているうちに、どんどん証拠を目にするようになりました。他の研究室にも足を運び、彼らが何をしているのかを見てみましたが、本当に厳しい管理がなされているのがわかりました。実際、私は統計学者として科学の多くの分野に関わってきましたが、超心理学における実験の方法論と管理は、私が働いてきた他のどの科学分野よりも厳しいものだったのです」(ユッツ博士)

 ユッツ博士が見た範囲のことではあるが、超心理学の分野では科学的に信頼できる方法で厳密に実験が行われているようだ。少なくとも、超心理学が他の科学の分野に比べて、科学的に信頼できないデータを提供しているとは言えなさそうだ。

 今後、超心理学が世界中で広く研究されるようになれば、オカルトと科学の間の溝はどんどん埋まっていくことだろう。いつの間にか、超能力の存在が常識になっているかもしれない。

参考:「Home Page for Professor Jessica Utts」、「YouTube」、「Collective Evolution」、ほか

編集部

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ