コロナとは別の「第3波」バッタ大量発生の悲惨な現状! バッタが「別ルート」選択か、ロシアやベトナムでも急増…本格的食糧難へ!?

関連キーワード:

,

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用


 5月25日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された後、6月下旬から感染者数が増えて、東京では1日の感染者数が3~4月のピーク時を超える始末だ。それでも政府が旅行支援を強行してしまっているのは、経済の悪化を恐れてのものだろうが、一方で別の「第3波」が迫っている。バッタの大量発生による食糧危機だ。海外では一部の作家が「バッタが人類滅亡させる」との話を広めたり、聖書の「ヨハネの黙示録」から「バッタによる終末と解釈できる」と言い出す者も続出中で、日本でも「対策が必要なのでは」との声が上がり始めている。

 6月下旬、国連はアフリカ東部、インド、南米などで大量のバッタ襲来による食糧被害が発生していることで、「新型コロナウイルスと合わせて甚大な結果を引き起こす」と警鐘を鳴らした。その一因はパンデミックの影響で航空便が激減し、殺虫剤の供給が遅れたことだとも説明。降雨の多い地域ではバッタが最大8000倍に増大し、1平方キロに広がると1日あたり3万5000人分の作物を食い尽くすと試算した。

 もともとアフリカ東部では、2010年から続く干ばつなどで食糧危機が慢性化、雨が降ったかと思えば集中豪雨の水害で耕作地が壊滅する事態があった。そこで起こったバッタの大量発生はエチオピアに始まり、2月にはソマリアで国家非常事態が出されたほど。ケニア、ウガンダ、スーダン、タンザニアなど東部全域に広がった後、対岸のサウジアラビアやイエメンにまで飛び火。同様にインド北東部でも大量発生し、その猛スピードに駆除が追いつかない状況だ。隣国パキスタンでも被害は深刻だが、そこに食糧支援していた中国にも大量発生が見られ、メディアではその数4千億匹だとも伝えられる。

 中国人ジャーナリストによると、「バッタがインドとパキスタン国境を越えてくるという報道もありましたが、本来ヒマラヤ山脈を越えるのは容易ではなく、ロシアやモンゴルに近い省から発生しているのを見ると、別ルートも多数あるはず。ベトナムやラオス国境でも見られる」という。

コロナとは別の「第3波」バッタ大量発生の悲惨な現状! バッタが「別ルート」選択か、ロシアやベトナムでも急増…本格的食糧難へ!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで