【未解決】セレブ金融ライターの“奇妙すぎる飛び降り自殺”事件! 謎の電話とメモ、消えた監視カメラ…

 2006年、32歳のレイ・リベラにとって、人生は順調そのものだった。

 リベラは米メリーランド州ボルチモアを拠点とするライター兼ビデオグラファーで、投資会社「スタンズベリー・アンド・アソシエイツ」社の金融ライターとして優れた仕事をしていた。リベラには、結婚して間もない妻のアリソンがいて、ジョンズ・ホプキンス大学の水球チームのアシスタントコーチも務めていた。

 彼は将来、脚本家になるという夢があり、妻と一緒にロサンゼルスに引っ越す計画を立てていた。そう、彼の前には大いなる未来が開けていたのだ――。

 

■セレブ金融ライターが謎の“自殺”

【未解決】セレブ金融ライターの奇妙すぎる飛び降り自殺事件! 謎の電話とメモ、消えた監視カメラ…の画像1
レイ・リベラと妻のアリソン 「The Sun」の記事より

 2006年5月16日、リベラは会社からの電話を受けた後、午後4時頃に家を出た。その時妻は出張中だったが、リベラは泊まりに来ていた知人に外出すると伝えた。知人は、リベラが何かに動揺しているようで、慌てた状態で家を飛び出し、書斎の電灯やコンピュータの電源を切ることさえしなかったと説明した。

 翌朝になってもリベラから何の連絡がなかった。妻からの電話にも出ないリベラを人々は心配し始め、警察に行方不明の届けが出された。しかし1週間後の5月23日、町の中心にあるマウントバーノンの駐車場で、彼の車が放置されているのが発見された。

 そのニュースを聞いた翌日、リベラの同僚たちは、車が見つかった駐車場付近を探索した。駐車場の最上階から辺りを見回した時、近くにある歴史的建築のホテル・ベルヴェデーレの屋根に穴が開いていることに気づいた。

 警察が捜索したところ、ホテルの使用していない会議室でレイ・リベラの腐乱した遺体を発見した。状況的に、遺体はホテルの屋根の穴を抜けて墜落したように見え、警察は明らかな自殺と考えた。

 しかし、妻のアリソンは夫が自殺するわけはないと強く主張した。リベラに精神病の病歴はなく、現在進行中のプロジェクトに熱心に取り組んでおり、ロサンゼルスに引っ越し新たな人生をスタートさせる計画も立てていたからだ。

 またリベラの家族もそれを裏付ける。彼が高所恐怖症であり、屋上から身を投げるなんてあり得ないと証言したのだ。

 そして、この「自殺」に数々の奇妙な点が浮かび上がってきた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ