日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

ジェームズ そうなったのは公民権運動でキング牧師が勝利して、ネタがなくなったためです。それまでは白人vs黒人の対立を煽って利権を牛耳っていたんですけど、その構図が通用しなくなるじゃないですか、公民権運動が成功すると。だから、どういうふうに切り替えたかというと発展途上国から移民を大量に入れて多文化共生、マルチカルチュラリズムって言いだしたんです。それで混血を増やして、どういうふうに人種的にカテゴライズして票を取るかってことを考えているんです。つまり、民主党系がやってるのは人種問題を煽って選挙区をゲリマンダリングすることなんです。

 前から言ってますように、民主党はもともと南軍側で奴隷制賛成派だったんですから。もっと言うならアメリカを泥沼の戦争時代に巻き込んだのも民主党です。第二次世界大戦に参戦したのはフランクリン・ルーズベルト大統領ですし、ベトナム戦争を積極的に進めたのもJ・F・ケネディ大統領とリンドン・ジョンソン大統領です。彼らはみんな民主党です。ですから、民主党はもともと奴隷と戦争が大好きだったんです。それが今は戦争反対、差別反対でしょ? 「これまでずっとそれを進めてきたのはあなたたちでしょ!」というのが普通のアメリカ人の思考なんです。

──やっと構図が見えてきました。でも、なんかそういう風潮ではないですよね、いま。

画像は「Getty Images」より引用

ジェームズ それはリベラル派がメディアを牛耳っているからです。要はCIA左派がずっとやってきた戦略なんです。さっきも言いましたけど、主要メディアはすべて極左です。FOXテレビはトランプ派に見えますけど、あそこは日和見ですしね。FOXは以前ゴリゴリのネオコン系だったんですが、視聴者にトランプを支持する福音派が多いんで、すり寄っていくうちにCIA右派に乗っ取られたんです。

 ニューヨークタイムスとかワシントン・ポストなんかもやはり極左です。いまニューヨークタイムスのオーナー家が、奴隷所有者のユダヤ人だったといって叩かれますが、結局、これがまさに民主党の変遷を象徴しています。ともかく、トランプ支持者たちは、主要メディアを信じていません。Qアノンもプラットホームを分散化していますし、主要なアカウントは退却を準備しています。軍事戦略でいう、集中と分散の原理に従って動いていますね。

 ですから、これからはParlerのほうが面白い情報を取れるかもしれませんね。もしかしたらトランプ大統領本人もTwitterをやめてParlerに乗り換える可能性もあります。そうなると一気に支持者のTwitter離れが加速するので、Twitterの株価がまた下がるんじゃないんですか。トランプ側はなんの問題もないと思います。

 ともかく、今年は異常です。こんなに頻繁に暴動や裏工作が起きてる年はありません。確かに選挙の年は大きな騒動が起きるんですけど、ここまで頻発しませんから。なによりの違いは連続性です。オバマ時代の事件は個々に起こって、その個々の事件が起こった瞬間に急に政策の話になるのが多かったんですね。でも、今年はフロイド事件をきっかけにすべて連続しています。これはトランプがずっと温存していたカオス戦略ですから、ますますアメリカはグチャグチャになると思います。

文=ジェームズ斉藤

ジェームズ斉藤(@JamesSaito33)
某シークレットセミナー教官。某国諜報機関関係者で、一切の情報が国家機密扱い。国際ニュース裏情報の専門家。ツイッターはこちら

ジェームズ斉藤これまでの記事はコチラ

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ