「1000年前の治療薬」がマジで抜群に効くと判明! 超絶殺菌効果のレシピも公開、現代医学もビックリ!

「1000年前の治療薬」がマジで抜群に効くと判明! 超絶殺菌効果のレシピも公開、現代医学もビックリ!の画像3
ヒトの呼吸器感染症を引き起こすステノトロホモナス・マルトフィリア菌 「Daily Mail」の記事より

 そして興味深いのは、この混合物は単なる「お婆ちゃんの知恵」のようなものではなく、非常に綿密に計算されたバランスの下に作られている点だ。

 例えば、ニンニクだけではバイオフィルムに対する活性はない。しかし、ニンニクを抜いて、白ワイン、胆汁、タマネギだけにすると効果がはるかに低くなってしまう。

 また不思議なことに、白ワインには非常に限られた抗菌レベルしか見られず、特に黄色ブドウ球菌を殺す効果はない。しかし白ワインを抜いてしまうと、混合物の黄色ブドウ球菌への殺菌効果は大きく低下した。そのためこの処方における白ワインの役割は、エタノール含有量や低pHなどの物理的特性に関係している可能性があるという。

 これらの食物の正確な組み合わせと量を説明するには、さらなる研究が必要であるとハリソン博士は考えている。

 英国の国民保健サービス(NHS)は、糖尿病性足潰瘍の治療に年間900億円もの費用をかけている。この「Bald’s Leechbook」からは、安価で安全な治療薬が見つかる可能性もあるという。やはり、古(いにしえ)の知恵はあなどれないのだ。

参考:「Daily Mail」、「Warwick」、「The Guardian」、ほか

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「1000年前の治療薬」がマジで抜群に効くと判明! 超絶殺菌効果のレシピも公開、現代医学もビックリ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル