【緊急】9月1日に小惑星が地球に超接近、人類滅亡が確定する! 聖書「巨大な火の玉が…」

 来月1日、一つの小惑星が地球に最接近し、月よりも近い場所を通過する。この小惑星こそが終末の火の玉である——米国の著名な牧師が恐るべき警告を発し、英「Daily Star」(8月8日付)が取り上げる騒ぎになっている。

‘Apocalyptic fireball’ headed to Earth as ‘hazardous’ asteroid comes closer than the moon (Daily Star)

画像は「Daily Star」より引用

 NASAによると、今年9月1日23時49分ごろ(日本時間)に地球のすぐ近くを通過するのは、「潜在的に危険な小惑星」の一つ「2011 ES4」である。直径はおよそ25メートルほどで、最接近時には地球から月までの距離より短い7万1807キロメートルの地点を、秒速8キロ以上の速さで通り抜けるという。「潜在的に危険な小惑星」ではあるが、NASAは現時点で地球への影響はないと発表している。

 だが、この小惑星には別の意味があると主張する人物がいる。米国の著名牧師ポール・ベグリー氏である。彼は自身のYouTubeチャンネルで公開した動画の中で「終末論に予言された火の玉が、私たちの方へと向かってきている」と警告を発したのだ。

 ベグリー氏はこの事態を「10年前から予測していた」といい、聖書の記述と科学的な証拠の両方がいずれ来る地球滅亡の危機を示していると語る。

「宇宙のどこかで起きた爆発が、何百万、何十億もの小さな岩を私たちのいる方向に飛ばしたのです」(ベグリー氏)

 そしてベグリー氏は、隕石や小惑星の背後にもっと巨大な物体が存在し、それがいずれ地球に飛来してきてぶつかるのだと絶望的な予測を語る。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ