【悲報】2019年9月9日に小惑星2006QV89が衝突して地球滅亡が確定! 連続殺人鬼アイリーン・ウォーノスの予言が100%的中! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 米国犯罪史上に名を残す女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスは、自身の処刑前にインタビューに応じ、「報復として岩が地球に落ちてくる」と予言したという。そして今、その言葉通りに小惑星が地球に接近しつつある。英「Daily Star」が6月6日付で報じた。

アイリーン・ウォーノス。画像は「Daily Star」より引用

■「私は戻ってくる」死刑囚最後の言葉

 欧州宇宙機関(ESA)は地球に衝突する可能性がある小惑星を10個リストアップし、データを公開している。このリストによると、今年9月9日、直径30メートルほどの小惑星2006QV89が地球に接近する。地球に衝突する確率はおよそ7000分の1という。不思議なことに、この小惑星の存在を予言していたかのような言葉を、連続殺人犯アイリーン・ウォーノスが遺していたというのだ。

 ウォーノスは1989~90年にかけて、米フロリダ州で7人の男性を殺害した女性連続殺人犯だ。彼女は売春婦で、恋人の女性と共に客の男性たちを次々に襲い、強盗目的で殺害した。ウォーノスは恋人を守って全て自分の犯行だと認めたが、裁判では被害者にレイプされて正当防衛で殺したと訴え、最終的には死刑判決を受けた。2002年10月9日に薬物注射で処刑されている(詳しくはこちらの記事)。

 ウォーノスは死刑判決を受けた後、インタビューに答えて「この報復として2019年に岩が地球を襲うだろう」と話している。刑務所で熱心なキリスト教徒になったという彼女は、「神は自分をお許しになった」「自分は天国に行く」といった発言を繰り返しており、この『予言』も同じような文脈で語られたとみられる。

コメント

9:匿名 2019年6月12日 22:11 | 返信

トカナってなんでこんなにレベルが低いの?

8:匿名 2019年6月11日 01:24 | 返信

見出しにすら【悲報】込みで記事名一部そのまま流用と、4と6のコメントを見て、記事内に7000分の1と書いてどうやったら確定と言い切れるのか、記事閲覧のためなら記事名と記事内容を矛盾させる始末、記事名が「地球滅亡か!?」なら矛盾も無い
ちなみに、この事を別のブログが同日に取り上げてたが、そっちの記事名は可能性があるような書き方だった

7:とある頭のおかしい狂人 2019年6月10日 20:17 | 返信

人類の選別はもうすでに始まっているように思う。


日月神示という日本における聖書のような書籍には、天変地異のようなことや様々なことが起き人々を選び分けるとある。
奇しくも世界的にメジャーな書籍である『聖書にも』似たようなことが記されてある。
二人の男がいれば一人は助かるがもう一人は連れ去られる。二人の女が農作業をしていれば一人は助かるがもう一人は連れ去られるなど。(うろ覚えなのでどんな文章だったかは忘れた興味ある人はググって調べて)
その他その手の古い書籍にはそのようなことが起きて助かる人間と助からない人間とが出てくるとある。
イエスキリストは思慮深い女性と愚鈍な女性の例えで説明して、思慮深い女性はランプに予備のオイルを用意しておりそのおかげで助かったが、一方愚鈍な女性はランプのオイルを用意しておらず、いざというときランプを用意できず家の中には入れてもらえなかったと例えで説明した。きっと賢くあれ、ということなのだろう。
なお別の例えでは大勢の人間は大きな道を選ぶがその道は広く歩きやすいがその先には滅びが待っている。なお狭く険しい道もあるがこの道は歩きにくく苦しく険しい、しかしその先は『命へと』通じている。と例えで説明した。


まさしくこれは現代のことではないかと思うのだ。
毎日新聞やテレビを見たり何も考えず飲み食いしたり、何も考えず定期的に病院に行きお薬をもらっていればはっきり言うが『確実に死ぬ』。上記の例えの『広い道を歩む者』ではないかと
逆にテレビや新聞を見ず、病気になっても病院には行かず、治療や薬の代わりに『自分で勉強し自分で考え行動する』、その道は険しく苦しいが命に繋がる。上記の例えの『狭い道』のことではないかと。

現代ではそこかしこに病人がいる。
若いのに癌になるとか珍しくなくなった。若いのに難病とか若いのに心臓病若いのに人工透析。こんなに病人だらけの時代なんてあったろうか?
もうこの人たちは全員上記の例えの『広い道を歩む者たち』ではないかと思うのだ。
狭い道を歩む者たちは病気にはならないかあるいはなっても『自分で治せる』人たちではあるまいか。ただしその道は険しく苦しいのは当たり前だが。
とりあえず私から言えることは『病気の人がいても放っておくことだ』。本気で治す気があれば自力でなんとかするだろうから。
人類の選別はもうすでに始まっている!

6:匿名 2019年6月9日 21:04 | 返信

いつも思うのだが、ヘッドラインと記事は別人が書いているのかな?
しっかりしろ。ちぐはぐすぎるぞ。

5:匿名 2019年6月9日 20:36 | 返信

基地外のたわごと!イチイチ騒ぐな!

4:匿名 2019年6月9日 19:37 | 返信

確定ってなんだよ。
7000分の1って何を元に出した数字だよ。

3:匿名 2019年6月9日 17:18 | 返信

おつかれ

2:匿名 2019年6月9日 16:59 | 返信

隕石が地球に落下する確率より、最後の悪あがきで喚いた殺人鬼の地獄逝きの確率の方が遥かに高いわ

1:匿名 2019年6月9日 12:34 | 返信

せいぜい近づいた小惑星の塵が 若干地球に落ちる程度だろw
TOCANA ユーザーの予想のほうが100%あたる(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。