【謎】「宇宙のヤバすぎる5つの終わり方」を物理学者が解説! 未知のエネルギー、高次元の膜、偽の真空…

5.真空崩壊(Vacuum Decay)

 マック氏の解説の中で最もSF的なコンセプトであるのが真空崩壊理論である。この理論は最近になってその存在が確認された素粒子、ヒッグス粒子に依拠している。

 このきわめて小さなヒッグス粒子は、すべての物質に質量を供給する。そして物質を安定化させ“真空”状態を形成する。しかしこのヒッグス粒子が関与している「ヒッグス場」においては、安定した状態は“偽の真空”であるかもしれないというのだ。

 もしヒッグス場が偽の真空であった場合、何らかのタイミングで本当の真空へと移行することが考えられ、そうなれば莫大なエネルギーが放出されて宇宙は終わりを迎えるのである。このメカニズムはまったく独自の自然法則に則っており、我々人類が培ってきた物理法則を完全に上書きするものになる可能性があるということだ。

 ほかの理論と異なり不気味なのは、この真空崩壊はいつ起こっても不思議ではない点だ。今この瞬間に起こることも理論上あり得るのである。そしてマック氏はこの斬新なアイデアである真空崩壊が最も気に入っているという。考え抜かれた末に登場した理論ではなく、どこからともなくひょっこり現れたように見えることも魅力的であるという。

 この宇宙にもいつか終わりの日が来るというのは納得せざるを得ないことだが、いきなりやって来るのはやはり勘弁願いたいものだ。とすれば真空崩壊説は否定したくなるのが人情というものだろう。宇宙がどのようにして終わりを迎えるのか。そして今後さらに有力な理論が登場してくるものなのか気になるところだ。

参考:「Daily Star」ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【謎】「宇宙のヤバすぎる5つの終わり方」を物理学者が解説! 未知のエネルギー、高次元の膜、偽の真空…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル