【速報・激やば】コロンビアでUFOが集団暴走中!!「遂に宇宙人が自分たちの存在を知らせに来た」フェニックスの光にも酷似

画像は「UFO Sightings Daily」より

 南米コロンビアにUFOの大群が出現! その様子が20年前の重大UFOインシデントにそっくりだと話題になっている。

 1997年3月13日午後8時頃、アリゾナ州フェニックス市内上空を東西に横切る奇妙な発光体群が目撃された。これらは「フェニックスの光」または「フェニックス・ライト」と呼ばれ、現在まで語り継がれる大UFO事件だ。「軍の訓練で使用された照明弾」だとする公式見解が発表されているが、元アリゾナ州知事のサイミントン氏は、「軍の説明は完全なでっちあげ」だと暴露している。

 そうした中、2018年にはカリフォルニア州サンディエゴでフェニックスの光に酷似したUFO現象が目撃されている。この時も「軍事演習」だとする公式発表があったが、フェニックスの光の時と同じように疑問を呈する専門家も少なくない。

 

 そして先月29日夜、今後はコロンビアのメデジンでまたしてもフェニックスの光に似た現象が起こったというのだ。その時の様子は多くの市民に目撃され、現地ニュースでも報じられた。

 映像を見てみると、10以上の発行体が隊列を組んでいるかのように整然とした三角形やカーブを描いている時もあれば、一見無秩序な配置の時もある。また別の映像では1つ1つが点滅している様子も撮影されている。黄色や青に発行体の色が変化したという証言もある。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ