これはものすごい発光体…グーグルマップで「天使」が発見される! 神秘的すぎる光景に驚愕「聖なる人物を訪ねてきた」

 グーグルマップにはUFOから幽霊まで、実に様々なものが写り込んでいることはご存じの通りだが、今回はなんと「天使」が発見されたという。英「Express」(9月17日付)が報じた。

UFO sighting on Google Maps: Hunter thinks he’s found an ‘angelic being’ over Slovenia (Express)

画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 天使が発見されたのは、中央ヨーロッパに位置するスロベニアの農村地帯ポドコレン付近である。グーグルマップを航空写真に切り替え、座標「46°29’25.24″N 13°45’5.42″E」で検索してみると、そこには確かに謎の発光体が写っている! 通常のUFOとは異なり、物体は周囲に強い光を発しているようで、よく見れば下部から尻尾のようなものが伸びているのもわかる。

画像は「グーグルマップ」より引用

 この物体について、発見者の世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏は「天使のように神聖な存在」と評している。物体はこれだけ強い光を放っていながら、直下にある建物や地面に反射はしておらず、影も作っていないからだ。

 興味深いのは、この発光体の「目的」である。なんとウェアリング氏は、「真下にある家に、聖なる人物を訪ねて来たのではないか」と推測しているのだ。白昼堂々、天使が訪問してくるような人物——一体この場所に何者がいたというのか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ