今年10月以降に南海トラフ巨大地震が起こる3つの証拠とは!? “粥占”で神々が日本人に警告した「三行半」の予言成就へ!

今年10月以降に南海トラフ巨大地震が起こる3つの証拠とは!? 粥占で神々が日本人に突きつけた「三行半」予言成就はこれからだった!の画像1
千栗八幡宮(佐賀県みやき町)の「お粥試し」 画像は、「佐賀新聞」より引用

 新春恒例、各地の神社で行われる神事・粥占だが、毎年最も注目を集める諏訪大社(長野県)の粥占「筒粥神事」では今年、1月の記事でも紹介したように「三分五厘」という最凶の「三行半」を意味する結果が出た。他にも、神奈川県伊勢原市の大山阿夫利神社の筒粥神事では、今年の世相について「春先から梅雨にかけて雨が平年以上に多そうだ。(中略)台風には備えておいた方がよい」という宮司の総評が出た。

 このことから、今年は水害などの災害ラッシュになることが懸念されていたのだが、実際に7月には九州を豪雨が襲い、甚大な被害をもたらした。だが、災害はまだ終わっていないかもしれない。まだ「三行半の予言」が有効であると考えられる根拠を示す。

■「三行半」がまだ有効である根拠1:ヒプノセラピストマリアさん

今年10月以降に南海トラフ巨大地震が起こる3つの証拠とは!? 粥占で神々が日本人に突きつけた「三行半」予言成就はこれからだった!の画像2
ヒプノセラピストマリアさん

 オールマイティーな超能力者であるヒプノセラピストマリアさんが日本でも屈指の予知能力を持っていることは、過去に何度もお伝えしてきた。

 そんなヒプノセラピストマリアさんは、その年の吉凶を見るためにカレンダーを凝視する。そして、ある月に色がついて見える場合、災害などに注意が必要であると判断するのだ。ヒプノセラピストマリアさんは、「昨年は9月上旬と10月のカレンダーが暗く見えていた」と自身のブログ『ひむかの風にさそわれて』(2019年9月27日付)で明かしていた。ではその頃に何が起きたかというと、9月上旬に台風15号、10月中旬に台風19号が大きな被害をもたらした。

 では今年はどうかというと、ブログ記事(8月26日付、9月20日付)によれば、「今年は10月上旬~中旬と11月末頃のカレンダーが暗く見える」という。本人に尋ねたところ、今年は水害もあるが、前述の時期に大地震の発生もあり得るという。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

今年10月以降に南海トラフ巨大地震が起こる3つの証拠とは!? “粥占”で神々が日本人に警告した「三行半」の予言成就へ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル