【実録】超能力測定器「AMI」をレポート! サイキックの気の流れが科学的に判明… がん生還者の秘密も明らかに!

【実録】超能力測定器「AMI」をレポート! サイキックの気の流れが科学的に判明… がん生還者の秘密も明らかに!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 今春某日、筆者はヒプノセラピストマリアさんとともに「井の頭鍼灸院」を訪れた。世界的超心理学者が発明した特殊装置「AMI」で、ヒプノセラピストマリアさんの“気の流れ”やチャクラの状態を測定してもらうためだ。その結果、マリアさんのオールマイティーな超能力の実態を「科学的な数値」として把握することができたので詳しく紹介しよう。

■AMIと本山博氏について

 はじめに、AMIについて解説する。これは「経絡臓器機能測定機」の略であり、超心理学者の本山博博士(故人)が生み出したPCとソフトウエアから成るシステムである。

【実録】超能力測定器「AMI」をレポート! サイキックの気の流れが科学的に判明… がん生還者の秘密も明らかに!の画像2
本山博 「IARP」より

 本山氏は、かつてUNESCOが選定する「世界の超心理学者10人」にも名を連ねるほど、チャクラや“気”に関する科学的研究の第一人者だった。ヨーガの国際的研究会であるIARPや CIHS(米カリフォルニア人間科学大学院)の創設者、そして玉光神社の宮司でもあった本山氏自身、長年にわたる修行によって全てのチャクラ(神秘的身体論における中枢)が覚醒した能力者である。そして本山氏は、自らの体験と研究に基づき人体の経絡とチャクラに相関関係を発見、さらに電気信号によってそれらの働きを測定するAMIの発明に至ったのである。

 AMIでは、電極を手足に張り付け、わずかな電圧を加えることで身体の経絡の電気信号を測定し、気の流れの強弱などを判断する。その人の体質・体調・自律神経機能・臓器障害の有無などが正確に診断できることから、鍼灸の治療に利用されるという。また、副次的に各経絡に対応するチャクラの働きも可視化されることから、超能力者を測定すると、どのチャクラが働いているか容易に判断できるという。現在AMIは世界中の大学・病院・研究機関に導入され、臨床の現場で用いられている。

【実録】超能力測定器「AMI」をレポート! サイキックの気の流れが科学的に判明… がん生還者の秘密も明らかに!の画像3
左:本山生命物理研究所 右:井の頭鍼灸院

 本山氏が創設した宗教心理学研究所である「本山生命物理研究所」と、その養母が建てた玉光神社は、井の頭公園(東京都三鷹市)に隣接した敷地内にあるのだが、そこに「井の頭鍼灸院」も併設されており、AMIで測定した気の流れや身体の状態を参考にした鍼灸治療が行われている。

【実録】超能力測定器「AMI」をレポート! サイキックの気の流れが科学的に判明… がん生還者の秘密も明らかに!の画像4
ヒプノセラピストマリアさん

 筆者は33年ほど前にIARPに入会し、これまで5回ほど測定を受けているのだが、今回ともにAMI測定を受けてもらった超能力者は、過去記事で何度も紹介したヒプノセラピストマリアさんである。測定を担当していただいた竹島幸博氏は、1976年にIARPに入会し、1981年からIARP神奈川県・寝府川ヨーガ道場長として指導を行い、現在は同鍼灸院の院長を務めている。

■ヒプノセラピストの能力をついに科学的測定!

 まずマリアさん、次に筆者の順でAMI測定が始まった。測定室にはPCをメインとしたAMIのシステムが鎮座している。被験者は足を伸ばして座り、手と足にテープで電極をつけられ20分ほど待つことになる。その後、プリントアウトされたAMI測定結果を竹島院長が説明してくれる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ