「新型コロナウイルス予言」が的中したヒプノセラピストマリアが凄い! 3月までに日本で巨大地震… サーバーシステム予言とは!?

「新型コロナウイルス予言」が的中したヒプノセラピストマリアが凄い! 3月までに日本で巨大地震… サーバーシステム予言とは!?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 新型コロナウイルスの感染拡大が世界各国で止まらない。感染源は中国湖北省武漢市の「華南海鮮卸売市場」だといわれているが、日本でも人から人への感染が確認され、今後は患者数が飛躍的に増加することが懸念される。実は今回の緊急事態を、昨年から予言していた人物がいる。能力者であるヒプノセラピストマリアさんと、その弟子たちだ。以前からマリアさんは2020年2~3月にかけて大きなことが起こると予感していたというが、その1つこそ今回の感染拡大だった。しかも彼女は現在、日本を襲う大地震などの災害も予見している模様だ。さっそく本人に詳しく聞いてみた。

■ヒプノセラピストマリアの「サーバーシステム」

 詳細に入る前に、ヒプノセラピストマリアさんが「仲間」や「生徒」と呼んでいる人々との非常にユニークな連携システムについて説明しておこう。

 マリアさんは、若い頃の神秘体験によってすべてのチャクラが開き、優れた予知能力などを手に入れた。その後、これまで30年以上にわたり、心理療法士、ヒプノセラピスト(催眠療法)、チャネラー、レイキマスター、占い師など、オールマイティーな能力者として10万人以上を鑑定してきた。

「新型コロナウイルス予言」が的中したヒプノセラピストマリアが凄い! 3月までに日本で巨大地震… サーバーシステム予言とは!?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 彼女が開く講座の受講経験者は「生徒」と呼ばれ、夢予知などの能力に秀でた人物が多い。そのうち、とりわけ強力な能力を持つ10人ほどの生徒とともに、彼女の予知は「サーバーシステム」と呼ぶ非常にユニークな手法で行われる。

 あるビジョンがマリアさんに降りてきた時、「生徒」のうちの誰かを「モニター」として、ビジョンを映し出すというのだ。その時に(弟子たちの中で)一番調子が良い「モニター」は夢などでビジョンを受信し、(受け取ったことを)マリアさんに伝える。50年近い筆者の超常現象研究歴において、このようなシステムは他に例がなく非常に驚いた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ