「バイデンが米大統領選に勝利したら起こる25の悪夢」が超ヤバい! 思想警察、ペド合法化、ワクチン拒否は… トランプ支持者が危惧

「バイデンが米大統領選に勝利したら起こる25の悪夢」が超ヤバい! 思想警察、ペド合法化、ワクチン拒否は… トランプ支持者が危惧の画像1
ジョー・バイデン候補。画像は「Wikipedia」より

 11月3日に予定されている米大統領選挙が近づいてきた。ドナルド・トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染している間に、民主党候補のジョー・バイデン氏がリードを広げているが、この状況にトランプ支持者が焦りを見せはじめているようだ。

 オルタナ右翼でトランプ支持派と思われる人物がオルタナティブサイトに、「バイデンが選挙に勝ったら起こる25の悪夢的出来事」と題する投稿をしているのだ。独断と偏見に満ちていることは承知で、トランプ支持者がバイデン氏をどう見ているかを知るための資料としてご紹介したい。

1、医療の専制政治

バイデンと彼の仲間たちは、全国的なフェイスマスクの義務化とワクチンの摂取規則を制定する。これを拒否した者は職務停止、公共交通機関の利用禁止、公共の場への立ち入りを禁止される。

2、コートパッキング計画

民主党はリベラル派で多数を占めるために最高裁判事の数を必要なだけ増やすだろう。民主党はいつもズルをする。ルールを守っても勝てない場合は、ルールを変えてしまう。

3、気候変動否定論の犯罪化

“気候変動の否定”は犯罪化され、気候変動論者は逮捕され、起訴され、カマラ・ハリス副大統領の下で投獄されるだろう。

4、医療独裁

 左翼メディアが新型コロナウイルスの「新たな感染者」が発見されたと報じ続け、無限のロックダウンがもたらされる。これは、中産階級を完全に崩壊させ、憲法上の自由を終わらせるために行われる。

「バイデンが米大統領選に勝利したら起こる25の悪夢」が超ヤバい! 思想警察、ペド合法化、ワクチン拒否は… トランプ支持者が危惧の画像2
画像は「getty images」より

5、警察への資金提供の停止

 全米の警察署への資金提供が中止され、あらゆる主要都市で法の支配が崩壊するだろう。左寄りの地方検事と左寄りの政治家に支えられて、犯罪者が野放しになり、混乱と暴力につながるだろう。左翼は警察官を犯罪者にしたがっている。なぜなら、民主党は犯罪者に犯罪行為(子供の人身売買、麻薬売買、銃の売買、誘拐、政治家の暗殺など)によって金を稼いでもらいたいからだ。

6、トランプ時代の最高裁判事指名を覆す

 すでにバイデンは、トランプ大統領によるエイミー・バレットの最高裁判事への任命を「違憲」であると主張している。バイデンが大統領に当選した暁には、民主党はトランプ氏が「違法」な大統領だったので、これらの任命はすべて違法だと主張するだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ