「ミシガンで6万9000のトランプ票がバイデン票にすり替わっていた」MIT科学者が“不正選挙の証拠”発表! やはり“意図的システムエラー”か!?

 米大統領選挙を左右する“激戦州”の1つでバイデンが制したとされているミシガン州で“不正選挙”が発覚か――。MITの科学者によれば、6万9000票ものトランプ票が消滅し、その分のバイデン票が増えていたというのである。だとすればそのギャップは13万8000票という大差になる。

■集計ソフトウェアの“システムエラー”で増えるバイデン票

 むしろ投票日を過ぎてから波乱含みの様相を呈してきたコロナ禍での米大統領選挙だが、票の集計をめぐって各地で混乱が起きているようだ。

 アメリカで“極右メディア”とされている「The Gateway Pundit」は連日のように、米大統領選の票集計における“システムエラー(system glitches)”を報じている。

「ミシガンで6万9000のトランプ票がバイデン票にすり替わっていた」MIT科学者が不正選挙の証拠発表! やはり意図的システムエラーか!?の画像1
「The Gateway Pundit」の記事より

 11月9日の記事では、ウィスコンシン州のロック郡でいわゆる“システムエラー”によってトランプ票の9516票がバイデン票になったとする根拠を解説している。この入れ替わった票を修正すると、ウィスコンシン州でのバイデンのリードは失われるということだ。

 そして続く10日の記事では、同様の“システムエラー”が、ミシガン州、ペンシルベニア州、ジョージア州でも起こっていたことが特定されたと報告している。

 “システムエラー”を起こしているのは投票集計システムである「ドミニオン(Dominion)」であるという。今回の選挙でドミニオンはどういうわけか激戦州で多く使われているということだ。ドミニオンの“システムエラー”によって、トランプ票がバイデン票としてカウントされたり、まとまった量のトランプ票が消滅してしまう事態が相次いでいるというのである。

「ミシガンで6万9000のトランプ票がバイデン票にすり替わっていた」MIT科学者が不正選挙の証拠発表! やはり意図的システムエラーか!?の画像2
ドミオン投票システム 画像は「Wikipedia」の記事より

 トランプ支持メディア「The Donald.win」の記事では、トランプからバイデンに切り替えられた投票、そしてドミニオンによって消去されたトランプ票の完全なリストがあると主張している。もちろんこれらが“修正”されればトランプの再選となるのだ。

「ミシガンで6万9000のトランプ票がバイデン票にすり替わっていた」MIT科学者が“不正選挙の証拠”発表! やはり“意図的システムエラー”か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで