「トランプ支持の陰謀論者のヤバさ」を上祐史浩が解説! ナルシストで堕落した未来が待っている… その理由とは?(インタビュー)

 11月3日に実施された米大統領選挙で、民主党候補であるバイデン前副大統領(77)の勝利宣言に関して「不正選挙」が行われたと主張し、敗北を認めない姿勢を貫いている共和党候補のトランプ現大統領(74)。

「トランプ支持の陰謀論者のヤバさ」を上祐史浩が解説! ナルシストで堕落した未来が待っている… その理由とは?(インタビュー)の画像1
画像は「CNN」より引用

 そんなトランプ大統領を「ディープステートと戦う救世主」と崇め、インターネット上で隠謀論を広める謎の存在「Qアノン」などの活動もあり、不正選挙説が想像以上に広まっている印象だが、かつてこれとよく似た戦術が日本でも実行されていた。国政選挙に出馬し、「不正選挙隠謀論抗戦」を唱えたオウム真理教代表の麻原彰晃(本名:松本智津夫)元死刑囚だ。

 1990年2月の衆院選。オウム真理教は約10億円の選挙資金を投じて25人の候補者を擁立したものの、全員が落選して供託金も没収された。しかし、麻原元死刑囚は「投票箱をすり替えられた。国家の陰謀だ」「不正選挙だ」という隠謀論を繰り広げたのだ。その後、教団は過激化への道を突き進み、信者らが熊本・波野村の施設で毒ガス製造や細菌兵器の開発に着手していった。まさかトランプ大統領も……とは思いたくないが、筆者はオウム真理教の元ナンバー2にして現「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏に、今回の米大統領選について、そして今後の米国と世界情勢について詳しく見解を伺った。

「トランプ支持者はオウム信者に似ている」上祐氏がぶった斬る前編はコチラ!


■トランプは現実に適応できていない

――ミシガン州、ウィスコンシン州などの期日前投票でバイデン候補の票ばかり伸びましたが、不正選挙の可能性は本当にないのでしょうか?

上祐史浩(以下、上祐)  はい。ミシガン州の開票については、不正を疑う声がSNSで広く拡散され、トランプ氏もツイートしましたね。しかし、BBCの調査では「入力エラーによる誤解」であり、すぐに州はミスに気づいて集計を更新したとしています。

 そして現在、全州で当確者が報道され、両者の選挙人獲得数は大差となりました。また激戦州の票差も、再集計では覆りようがないほどの大差です。トランプ陣営の訴訟も、証拠なしで却下が相次いでいます。さらに、共和党員を含めた連邦・州・地方自治体の選挙管理当局者から構成される選挙インフラ調整評議会(GCC)や国土安全省下の公認情報システム監査人(CISA)が共同声明で、選挙の不正を否定しました。(しかし、CISAの責任者をトランプ大統領は「間違いを犯した」と解任している)

「トランプ支持の陰謀論者のヤバさ」を上祐史浩が解説! ナルシストで堕落した未来が待っている… その理由とは?(インタビュー)の画像2
上祐史浩氏

 そして、トランプ氏の弁護団の一部は撤退し、一部の訴訟は取り下げられました。共和党内でも、「バイデン氏に次期大統領が得るべき機密情報を提供すべき」とする上院議員が十数名に上り、トランプ氏寄りだったFOXニュースも、トランプ氏の敗北を認定して離反しました。すでにホワイトハウスから去ったスタッフもいます。

 こうした事実に鑑み、少なくとも選挙結果を覆す広範な不正選挙の可能性はないと思います。客観的に見て、トランプ氏は徐々に孤立し、現実に適応できていないようにも見えます。

■陰謀論は日本人にそぐわない!?

――今回の大統領選挙では、たくさんの誤った情報が日本でも出回りましたが、日本人は陰謀論を信じやすいのでしょうか?

「トランプ支持の陰謀論者のヤバさ」を上祐史浩が解説! ナルシストで堕落した未来が待っている… その理由とは?(インタビュー)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル