ひかりの輪・上祐史浩がトランプを危険視する理由! 「麻原と同じパターン…」バイデン大統領就任後の世界も予言!

 11月3日に実施された米大統領選挙で、民主党候補であるバイデン前副大統領(77)の勝利宣言に関して「不正選挙」が行われたと主張し、敗北を認めない姿勢を貫いている共和党候補のトランプ現大統領(74)。

ひかりの輪・上祐史浩がトランプを危険視する理由! 「麻原と同じパターン…」バイデン大統領就任後の世界も予言!の画像1
画像は「CNN」より引用

 そんなトランプ大統領を「ディープステートと戦う救世主」と崇め、インターネット上で隠謀論を広める謎の存在「Qアノン」などの活動もあり、不正選挙説が想像以上に広まっている印象だが、かつてこれとよく似た戦術が日本でも実行されていた。国政選挙に出馬し、「不正選挙隠謀論抗戦」を唱えたオウム真理教代表の麻原彰晃(本名:松本智津夫)元死刑囚だ。

 1990年2月の衆院選。オウム真理教は約10億円の選挙資金を投じて25人の候補者を擁立したものの、全員が落選して供託金も没収された。しかし、麻原元死刑囚は「投票箱をすり替えられた。国家の陰謀だ」「不正選挙だ」という隠謀論を繰り広げたのだ。その後、教団は過激化への道を突き進み、信者らが熊本・波野村の施設で毒ガス製造や細菌兵器の開発に着手していった。まさかトランプ大統領も……とは思いたくないが、筆者はオウム真理教の元ナンバー2にして現「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏に、今回の米大統領選について、そして今後の米国と世界情勢について詳しく見解を伺った。

「トランプ支持者はオウム信者に似てる」上祐氏がぶった斬る【前編】はコチラ!

※ トランプ支持の陰謀論者はナルシストで、堕落した未来が待っている… 上祐氏が言い切った【中編】はコチラ!

■バイデン大統領は一長一短、トランプよりはまし!

――今後、バイデン大統領の就任で日米関係と世界はどのように変わっていくか、ご見解をお聞かせください。

上祐史浩(以下、上祐)  日本に関して言えば、トランプ政権と比較してバイデン政権は一長一短でしょう。パワーはあるが不安定なトランプ政権と、パワーはないが安定的なバイデン政権というイメージです。

ひかりの輪・上祐史浩がトランプを危険視する理由! 「麻原と同じパターン…」バイデン大統領就任後の世界も予言!の画像2
上祐史浩氏

 日本の保守的な人が心配していることは、中国の脅威に対して、バイデン氏はトランプ氏よりも中国に融和的で、強硬姿勢をとれないのではないかということだと思います。そのため、日本人の一部にはトランプ政権の方が頼りになると考えているのでしょう。

 しかし、それがトランプ氏の陰謀論的な主張まで信じたくなる心理的背景となるのは良くないと思いますし、現実には、米国の反中感情はすでに超党派とも言われており、バイデン政権でも中国には厳しく臨むと思います。むしろ、香港・台湾の民主主義体制の破壊や、チベット・ウイグルなどの人権問題には、伝統的に共和党よりも民主党の方が厳しい。

――なるほど、日本にとってはむしろ付き合いやすい大統領なのかもしれませんね。

上祐  トランプ氏には白人至上主義を擁護する姿勢が見え隠れし、独裁的な傾向もあります。元側近のボルトン氏の暴露によれば、トランプ氏が中国の習近平氏と、互いの国の人権問題には干渉しないという合意を取り交わしたとも言われています。トランプ氏は否定しているようですが。

 そして、トランプ氏の基本には、あくまでも米国第一の政策があり、自らの支持層中心にも見えます。同盟国との関係を軽視し、米軍の駐留も経済的に見合わなければ引き上げると脅す。中国に対抗するためという米軍の大幅な増強にも、まず米国の軍事産業の利益増進があり、中国との貿易戦争も、言わば米国企業の自国内回帰を狙っているのです。トランプ氏の政策は、自国と自分の利害で決まるので、どう変わるかはわからない。

ひかりの輪・上祐史浩がトランプを危険視する理由! 「麻原と同じパターン…」バイデン大統領就任後の世界も予言!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル